令和6年能登半島地震による被害を受けられた皆様へ

「情報過多な時代だからこそ頼れる存在に」保険も運用も相談できるトータルプランニングが強み

全国のお金のプロに無料でチャット相談ができる「オカネコ」。資産運用や住宅ローン、保険などあらゆるお金のプロに出会うことができます。

この記事ではオカネコに登録する多数のお金のプロの中から1名をピックアップして、アドバイザーの経歴や考え方などをご紹介。

今回は酒類業界から保険業界に転身し、現在はお金のトータルプランニングをサポートするファイナンシャルプランナー 渡邊 英臣さんの『マイストーリー』をご紹介します。

目次

渡邊さんのストーリー

渡邊さんのストーリー
  • 大学卒業後は営業としてビール会社に就職。その後退職し、酒類業界に計10年ほど身を置く
  • ファイナンシャルプランナーに相談したことがきっかけで保険業界に興味を持つ。先輩に誘われ日本生命に入社
  • 2年半ほど勤め、保険代理店に転職。複数社の代理店を経て、現在はクリイト株式会社の横浜支店に所属
  • 保険、教育、在宅、運用などお金のトータルプランニングをサポートするFPとして活躍中

「保険は大切な人のためにあるもの」多くの人に伝えるため保険業界へ

ーまずは、現在までのキャリアを教えてください。

大学卒業後は、ビール会社で営業をしていました。当時は朝6時に家を出て、帰るのは夜中の1時、2時…なんてことも多かったです。酒類業界には10年ほど身を置いていました。

その後先輩に紹介され日本生命に入社し、2年半ほど勤務。他社にも魅力的な商品はたくさんあるため、多くの商品を扱いたいと思い保険代理店に転職しました。

別の保険代理店を経由して、現在の会社では保険だけでなく投資信託なども活用した資産形成をご提案しています。

ー転職先としてなぜ保険業界を選ばれたのですか?

ちょうど人生の転機を迎えたときに、ファイナンシャルプランナーの方にとても親身に相談に乗ってもらったことがきっかけです。私もその方のようにお客様の役に立つことができ、ずっと関係性を保てるような仕事に就きたいと思い保険業界に入りました。

それともう一つ、自分の親が亡くなったときに保険金を受け取り、そのときに保険は付き合いで入るものではなく、自分のためや家族のために必要なことなんだと実感したんですよね。それを多くの人に伝えたいと思ったのも一つのきっかけです。

亡くなったときはもちろん、今の生活を重視した保険をご提案します

ー現在はどのようなご相談が多いですか?

保険の見直し、教育費の準備、住宅購入費用に関するご相談をよく受けます。最近は、お金の増やし方に関心を持たれる方が増えているので、資産運用に関するご相談も多いですね。基本はライフプランのシミュレーションをした後、具体的な解決策を考えていきます。

保険の場合は死亡保障を充実させることはもちろんですが、病気になったときや仕事ができなくなったときに給付金が受け取れる、生前給付型の保険を重視しています。いわゆる「生きるための保険」ですね。生きているときこそお金がかかりますから、家族など大切な人のためにも準備しておくことが大切だと考えます。

ー教育プラン診断士の資格をお持ちとのことですが、どのような資格なのでしょうか?

実はこの資格を持ってるのは全国でまだ30人ほどしかいない新しい資格なのですが、目指す進学先別に、具体的な教育プランや教育予算の組み立てができるようになる資格です。

オール私立を目指す方、進学校から公立の一流校を目指す方、医学部を目指す方など、さまざまな選択肢がありますよね。目指す学校にあわせて塾代の試算や、その塾代を支払うための資産形成方法など、教育費の具体的なプランニングができますので、ぜひご相談いただきたい分野です。

保険も資産運用も、トータルでプランニングできることが強み

ーお客様と接する中で、心がけていることはありますか?

お客様にとって何がベストかを常に考えています。

例えばお客様が保険のセカンドオピニオンをして、他のアドバイザーが私が組み立てた契約プランを見たときに、「これはその通りだな」と思われるような納得感のあるご提案が大切だと思うんです。

お客様の話をきちんと聞いたうえで、その想いがかたちになるようなご提案をしています。

ー渡邊さんが思う自身の強みを教えてください。

今の会社は保険だけでなく運用商品も扱っているので、全体像を見てトータルプランニングができるところが強みです。

保険しか取り扱っていなければ全体最適が図れません。それはお客様のためには良くないと思っています。保険には保険の役割、運用には運用の役割がありますよね。

保険や資産運用、そして不動産といった多くの選択肢の中からトータルでサポートしますので、安心してご相談いただけると思います。

ー最後に読者に一言メッセージをお願いします。

今はYouTubeなどのSNSの普及で情報があふれていますが、なかには嘘の情報もあるので皆さんが判断に困る場面は多いと思うんですよ。

また、例えば販売会社の営業マンから営業を受けたときに、その情報を鵜呑みにするのも危険だと思っています。本当に自分に必要なものなのかを見極めることが大切です。

そんな時代だからこそ、お金のことで悩んだときにふと声をかけてもらえるような存在でいたいと思っています。
客観的な視点でアドバイスができますし、遠方のお客様にはオンライン面談も対応しています。ぜひお気軽にご連絡ください。

どんなことでもOK!スマホで無料チャット相談できます

渡邊さんへの相談は「オカネコ」から直接チャット相談ができます。

どう相談したらいいかわからないという人は「自己紹介記事読みました」とチャットしてみてください。FPからメッセージが届きます。チャット相談は匿名かつずっと無料で利用できるので気軽に利用してみてくださいね。

渡邊 英臣さん 

自身のマネースタイルは?
自分で加入している保険は、がんや脳卒中が一番怖いので、そのあたりをしっかり保険でカバーできるように組んでいます。でもまだ足りていないと思っているのでもっと厚くしていきたいですね。 

趣味は?
趣味がなくて困ってるんですよ(笑)でもキャンプに行ったり、犬と遊んだりするのは好きです。今はマルチーズとトイプードルのミックス犬を飼っています!

ビール業界に勤務されていたとのことで、やはりお酒は好きですか?
好きですね。毎日飲んでいますが深酒はしません。でも最近どんどん弱くなっていて、飲むと顔がすぐに赤くなります…。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次