40代

    女性

    溝井 英子

    0.0

    クチコミ 0

    メッセージ

    オカネコの中でも連載を執筆。女性誌「MORE」などでも活躍。20〜40代からの支持を高く得ている。 20代後半、過労で身体を壊し長期休養に入り、労働以外の収入の大切さを実感。そこがターニングポイントとなり、FP業界に参入。 アメリカの大学を卒業後、13年間、大手求人広告会社でマネージャーを得てエリアを統括。 大企業〜中小企業まで約数1000社のインタビューを通して雇用に関する記事を取扱い あらゆる職種の雇用・採用戦略に従事する中で 企業の表と裏の実態を知ることとなり 人に着目する事で企業価値や組織構造、 その企業の今後の動向が推測できるようになっていく。 身体を壊し入院した時にベッドで本気で自身の今後の人生と在り方を考える。 現在の労働収入と健康状態や年齢を踏まえ、 資産運用の重要さを痛感。 自身のキャッシュフローを見直し、 低リスク〜高リスクの分散投資で 投資信託・海外預金・海外積立&一括・不動産・債券・株式・FX・エネルギーなどに投資をしていき、資産形成を自ら実践して学んできました。 教科書通りにはいかないこと、失敗や、成功を繰り返し、投資経験を積んできました。 体調が回復し、海外を旅をすることで 世界の経済状況や金利の違い、日本の金融のしくみを海外から俯瞰して比較。 世の中の経済やお金の流れ・仕組みに興味があり、人・もの・お金に着眼していく。 現在はFPとして 株式会社ファイナンスリサーチに在籍をし、 「資産運用」「人生設計」等 お客様1人1人にあわせた オリジナルのプランを考案。 お客様の立場で解決策を見出し、 特定の金融機関、金融商品にとらわれず 型にはまらない独自の目線で分析し、 独自のプランニングメソッドを確立する。 自身の体験談をもとに、月々の収支の洗い出しから、見直し改善をし、老若男女問わずご相談をいただいて参りました。 私の人生の理念は、 「人生をいつでも前向きに生きる機会」を 皆さまに提供することです。 日本は先進国に比べて、お金の教育が遅れているのが現実です。 その為、災害、不況といった未曽有の事態に対応できず、経済的に不安を抱える人が多く見られます。 昨今の、コロナ危機にも負けずに、 前を向いて人生を送っていける環境を 提供するきっかけになりたいと思っています。 私がしてきた経験から1人でも多く資産運用で 挫折しない人を輩出することを目的にしています。 弊社は、自社に運用商品があり、その商品を提案する会社ではありません。 まずは、私という人間を知ってもらい お互いに目標を設定しながら 「人生をいつでも前向きに生きる機会」を 提供したいと切に願っています ※基本は都内にて対応。 遠方の方はまずは チャットでご相談くださいませ。 溝井 英子(みぞい えいこ) 【生年】1980年生まれ。 【出身地】神奈川県 【出身大学】EL Camino Comunity College 【在籍】株式会社ファイナンシャル・リサーチ 【面談エリア】東京・神奈川・埼玉・千葉

    得意分野

    • ライフプランニング
    • 資産運用
    • 老後資金

    クチコミ

      全0件