令和6年能登半島地震による被害を受けられた皆様へ

家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」とは? メリット・デメリットと使い方を分かりやすく解説します

家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」とは? メリット・デメリットと使い方を分かりやすく解説します

将来を見据えた貯金を成功させるためには、毎月の家計管理を行うことが必要不可欠です。そこで便利なサービスが、毎月の家計管理ができる専用アプリとプリペイドカード機能が一体化した「B/43(ビーヨンサン)」です。

B/43を利用すれば、支払った金額が自動的にアプリに反映されるので、家計簿が簡単につけられます。

さらに、B/43は家族やカップルで家計管理を行う際に便利な「ペアカード」や、お子さまの無駄遣い防止に役立つ「ジュニアカード」など、支出を管理するのに便利な機能が盛りだくさんです。

B/43のメリットやデメリット、実際の使い方やおすすめな人の特徴について解説するので、家計管理に挑戦したい人はぜひ参考にしてください。

※掲載されている情報は2023年7月時点のものです。

このコンテンツの3行まとめ
  • B/43(ビーヨンサン)とは、チャージ式のVisaプリペイドカードと家計簿アプリが一体化したサービス。年会無料で、ひとりで使うのはもちろん、家族や同棲中のパートナーなど複数人で共有して利用も可能
  • 家族やパートナーと共同で家計管理がしたい人、いつ・どこで・何にお金を使ったかがリアルタイムで把握したい人、あらかじめ予算を決めて管理したい人におすすめ
  • デメリットとしてカードが到着するまで平均7〜9日ほどかかりすぐに使い始められない点や、支払った金額に応じたポイント還元がない5年間未使用・退会時にはすべての残高が失効する点などがあげられる

注記:当サイトを経由したお申し込みがあった場合、当社は提携する各企業から報酬の支払いを受けることがあります。提携や報酬の支払いの有無が、当サイト内での評価に影響を与えることのないようにしています。

目次

B/43(ビーヨンサン)とは?

B/43(ビーヨンサン)の特徴を簡単に説明すると、チャージ式のVisaプリペイドカードと家計簿アプリが一体化したサービスです。

B/43(ビーヨンサン)の主な特徴

  • アプリから申し込むと、Visaブランドのプリペイドカードが無料発行(有料カードもあり)
  • プリペイドカードにチャージしてB/43のカードで支払いをすると、支払い履歴がアプリに即座に反映
  • アプリの支払い履歴はグループ分けができ、手軽にアプリ上で家計簿の管理が可能
  • B/43はPayPayアカウントへのチャージに利用でき、PayPayを利用している人にもおすすめ

なお、B/43で利用した金額に対してポイント還元などはありませんが、B/43へチャージする際にクレジットカードを利用すれば、チャージした金額に応じてカード会社のポイントが還元されます。

上手く活用すれば、毎月の家計管理を手軽に行いながら、ポイント還元も受けられる利便性の高いサービスとなるでしょう。

B/43の基本スペックをまとめましたので、下記の一覧表も合わせて参考にしてください。

B/43の基本スペック
サービス名B/43(ビーヨンサン)
運営会社株式会社スマートバンク
発行費用・ノーマルカード:無料
・ICチップ付きカード:500円(キャンペーン価格:通常900円)
国際ブランドVisa
タッチ決済Visaタッチ決済(※ICチップ付きカードのみ)
ポイント還元
入金方法・銀行口座
・入金用口座へ振込
・クレジットカード・デビットカード
・あとばらいチャージ
・コンビニATM
・Pay-easy(ペイジー)
アプリ料金・B/43:無料
・B/43プラス:月額480円
対応OS・iOS:iOS15.0以上
・Android:Android 8.0以降
発行スピード7〜9日間程度
申し込み対象年齢制限無し
※ペアカード、ジュニアカードは親権者または法定代理人の許可が必要
家計診断相談サービス「オカネコ」
  • 家計状況を無料診断(同年代と年収や貯金の比較も可能)
  • 複数のプロからコメントが届く
  • そのままオンラインで無料相談できる

B/43の使い方

B/43(ビーヨンサン)の使い方は、次のとおりです。

基本的にはスマートフォンの専用アプリをダウンロードし、アプリ上でプリペイドカードを発行する形で利用開始の手続きを行います。

カードが手元に到着したら、毎月の予算を決めてB/43内にチャージして、チャージした分のお金を使って日用品の購入や飲食店での支払いをするだけです。

それぞれの手順を詳しく解説していくので、手軽に家計管理ができる方法を探している方や、B/43に興味がある方はぜひ参考にしてください。

「B/43アプリ」をダウンロードする

B/43を利用するためには、iPhoneまたはAndroidスマートフォンで専用アプリをダウンロードする必要があります。

アプリダウンロード後は、次の手順で会員登録とカードの発行手続きを行いましょう。

  • アプリをダウンロードして「B/43をはじめる」ボタンを押す
  • 利用するカードを選択する(マイカード、ペアカード、ジュニアカード)
  • メールアドレスを入力して仮登録を行う
  • 届いたメールのリンクから、電話番号(SMS受信のため)の入力、利用規約に同意して会員登録を行う
  • カード発行のための本人確認を行う(運転免許証、マイナンバーカードなどが必要)

基本的にはアプリの表示に従って、必要事項を入力したり選択したりするだけで、簡単に会員登録ができます。

なお、チャージ式のVisaプリペイドカードを発行するためには、運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類が必要です。

アプリ上で確認手続きができますが、実際にカードが手元に届くまでは平均7〜9日ほどの時間がかかるので気をつけましょう。

1か月の予算を決める

アプリの登録が完了してプリペイドカードが到着したら、いよいよB/43を利用開始できます。

はじめに、アプリを起動して下部のメニュー内から「まとめ」を選択して、右上の「設定」から1か月あたりの予算を決めましょう。

入力画面が表示されたら、1か月あたりの予算を入力してください。

B/43では、「食品」や「外食」、「生活用品」、「ショッピング」などのようにカテゴリー分けができます。

必ずしも入力する必要はありませんが、項目ごとに予算を決めておいたほうが家計管理をしやすくなるので、ぜひ挑戦してみましょう。

予算に合わせてB/43にチャージをする

B/43アプリで予算を決めたら、つづいてプリペイドカードへのチャージを行います。アプリの下部メニューから「入金・出金」を押して、希望の入金方法を選んでください。

B/43アプリでの入金方法は、主に次の方法が選択できます。

  • 銀行口座
  • 入金用口座へ振込
  • クレジットカード・デビットカード
  • あとばらいチャージ
  • コンビニATM
  • Pay-easy(ペイジー)

上記のなかから手動で入金できる他、指定した日付で自動的にチャージができる自動入金も選択できます。

自分で入金をするのが面倒な人は、たとえば給料日などを指定して自動入金を設定しておくのがおすすめです。

ただし、支払い方法によっては手数料が発生するのでご注意ください。

B/43プリペイドカードを利用して支払いをする

B/43にチャージができたら、あとはプリペイドカードを利用して支払いをするだけです。

B/43はVisa加盟店で利用できる他、インターネットでのショッピングなどにも利用できます。

500円の発行手数料がかかるものの、ICチップ付きカードを発行していれば、Visaタッチ決済で手軽に支払いを行うことも可能です。

支払いに利用するとリアルタイムで履歴が反映される

B/43プリペイドカードを支払いに利用すると、支払った金額がリアルタイムでアプリ上の履歴に反映されます。

事前にグループ分けをしておけば自動的に割り振ってくれるので、B/43を使って支払いをするだけで半自動的に家計簿をつけられます

必然的に入金した分までしか利用できないので、プリペイドカード方式の利点を活かして無駄遣いの防止にも役立ちます。

B/43のメリット

B/43(ビーヨンサン)には、次の6つのメリットがあります。

それぞれの特徴についてわかりやすく解説します。

ライフスタイルに合わせた家計管理が可能

B/43の最大の特徴は、ライフスタイルに合わせた家計管理が可能な点です。

ひとりで使うのはもちろん、ペカカードを発行すれば、1つのアカウントにチャージした金額を2人で共有して利用することもできます。

それぞれのスマートフォンから家計管理ができるので、どちらか一方が家計管理を負担することなく、家族やパートナーと共同で支出の把握ができるようになります。

また、ペアカードの作成に婚姻関係の有無は関係ないので、クレジットカード会社の家族カードが作れない場合でも安心して利用できます。

決済の反映はリアルタイムでズレがない

B/43で利用した決済は、リアルタイムでアプリに反映されます。

また、ペアカードを利用している場合、双方のスマートフォンに通知が届くので、いつ・どこで・何にお金を使ったかが瞬時に把握できます。

リアルタイムで通知が届くので、同棲中でそれぞれが別の場所で同じものを買ってしまう事態も防げます。

カテゴリー別にお金を管理できる

B/43では、カテゴリーごとに予算の管理ができます。

食費や生活用品、その他ショッピングなどを小分けに記録できるので、アプリからいつでもお金の使い方を振り返ることが可能です。

家族やパートナーと家計を共有していれば、無駄遣いの防止にも役立てられるので、効率良く貯金ができるようになります。

ポケット機能で目的ごとにお金を管理できる

B/43には、最大3つまで登録可能な「ポケット機能」があります。

ポケット機能を利用すると、全体の予算から一定金額を別に管理できるようになります。

たとえば、週ごとにお金を管理したい場合や、用途ごとにお金を管理したい場合など、ニッチなニーズに答える機能が充実していることが特徴です。

現金引き出しも可能

銀行口座やコンビニATMなどから現金でB/43にチャージした金額は、セブン銀行ATMから現金で引き出すことができます。

利用する店舗によってはカード払いに対応していないこともありますが、B/43なら万が一の場合でもチャージ金額を現金化できるので安心です。

ただし、B/43で現金引き出しができる残高には、次のような違いがあります。

B/43で現金化可能な残高の違い
出金できる残高出金できない残高
・銀行口座
・セブン銀行ATM
・コンビニ
・Pay-easy(ペイジー)
・銀行振込(入金用口座)
・クレジットカード
・あとばらいチャージ
参照:「出金できる残高」と「出金できない残高」の違いはなんですか?|B/43

クレジットカードやあとばらいチャージで入金した分は、セブン銀行ATMから現金化はできないので気をつけましょう。

また、出金の際は出金手数料(220円)が別途かかる点も注意してください。

後払い機能がある

B/43では、「いまは手持ちのお金がない」という緊急事態に便利な「あとばらいチャージ」が利用できます。

事前にB/43への会員登録とカードの発行手続きが完了していれば、アプリからいつでも手軽に申請可能です。

入金申請にはAGミライバライ株式会社による審査が行われ、審査状況はリアルタイムでアプリから確認ができます。

なお、あとばらいチャージを利用する際には、申請金額に応じた手数料が必要なので気をつけましょう。

  • 3,000円 〜 10,000円:500円
  • 11,000円 〜 20,000円:800円
  • 21,000円 〜 30,000円:1,150円
  • 31,000円 〜 40,000円:1,500円
  • 41,000円 〜 50,000円:1,800円

参照:あとばらいチャージ|B/43

また、あとばらいチャージを利用して入金した金額と手数料については、全国のコンビニで支払いをする必要があります。

2023年7月時点において、セブン-イレブンはあとばらいチャージの支払いに非対応となっているのでご注意ください。

B/43のデメリット・注意点

数多くのメリットがある一方で、B/43(ビーヨンサン)には次のようなデメリット・注意点も存在します。

それぞれのデメリットについても解説するので、B/43の利用を検討中の方は必ず目を通しておきましょう。

カードが届くまで利用できない

昨今では、オンラインで審査が完了すると先にカード番号が発行されて、カード到着前からクレジット支払いができるサービスも増えています。

しかし、B/43は申し込んでから実際にプリペイドカードが発行されるまで一切サービスを利用できません。

カードが到着するまで平均7〜9日ほどの日数がかかるので、すぐに使い始められないことを念頭に置いたうえで申し込みを行いましょう。

ポイント制度はない

クレジットカードの場合、支払った金額に応じたポイントが還元されるサービスがほとんどです。

一方、B/43のカードで支払いを利用しても、支払った金額に応じたポイント還元はありません。

クレジットカードを使ってB/43にチャージした金額については、カード会社のポイントが還元されますが、JCBの「Oki Dokiポイントプログラム」は対象外となっています。

普段からカードのポイントを貯めている人にとっては、B/43を利用することで逆に損をする可能性があるので注意が必要です。

入金用口座への振込・現金引き出し時に手数料がかかる

B/43は、入金用口座への振込やセブン銀行ATMで現金として出金する際に手数料が発生します。

  • 振込手数料:各種銀行によって異なる
  • 出金手数料:220円/回

なお、B/43で事前に銀行口座を登録しておけば、手数料無料でチャージができます。

また、クレジットカードやコンビニATM、Pay-easy(ペイジー)での入金手数料も0円です。

やむを得ない事情がある場合を除いて、基本的にはこれらの入金方法でB/43へチャージするのがおすすめです。

Apple Payに非対応

B/43カードはPayPayや交通系ICカードとの連携性がありますが、Apple Payには非対応です。

普段からiPhoneやApple Watchの「Wallet」でキャッシュレス決済を利用している人にとってはマイナスポイントといえるでしょう。

ただし、B/43カードはモバイルSuicaアプリへのチャージに対応しているので、モバイルSuicaを「Walletアプリ」に登録すれば、擬似的にB/43をApple Payとして利用できます。

5年間未使用・退会時にはすべての残高が失効

B/43では、「最後に増減した日から5年間」を基準に、一切の増減がない場合はすべての残高が失効されてしまいます。

また、B/43を退会する際も残高がすべて失効してしまうので、必ず残高をゼロにしておくことを心がけましょう。

ちなみに、B/43は資金決済法に基づき、顧客の残高全額分を「東京法務局」に供託、みずほ銀行との間で「履行保障保全契約」を結んでいます。

B/43の運営元であるSMART BANKが経営破綻した場合でも、顧客の残高は返金が保証されているので、上記以外で残高が失効することはありません。

B/43の利用をおすすめできる人

メリットとデメリットからわかる、B/43の利用をおすすめできる人の特徴は、次のとおりです。

カップルや夫婦で一緒に家計管理したい人

B/43はペアカードを申し込むことで、1つのアカウントのチャージ分を複数人で共有して利用できます。

支払い履歴はリアルタイムでアプリ上に反映されるので、カップルや夫婦で一緒に家計管理をしたい人に向いています。

また、お子さま用の「ジュニアカード」も無料で発行できるので、B/43を利用すれば子供の無駄遣い防止にも役立ちます。

支出をリアルタイムで反映させたい人

B/43は、支出をリアルタイムで専用アプリに反映させたい人におすすめです。

ペアカードを利用している場合、B/43カードを使って支払いをすると、双方のスマートフォンに通知が届くので、いつ・どこで・何にお金を使ったかが瞬時に把握できます。

2人がそれぞれ別々の場所で同じものを買ってしまうことも防げるので、細かな無駄遣い防止の効果も期待できるでしょう。

あらかじめ予算を決めて管理したい人

B/43は、あらかじめ予算を決めて管理したい人にも向いています。

アプリを起動すると、1か月あたりの予算がすぐに把握できる他、カテゴリーごとに予算を分けて細かく管理することもできます。

普段のお金の使い方を見直すきっかけにもなるので、B/43を利用することで効率良く家計管理ができるようになるでしょう。

B/43に関するよくある質問Q&A

最後に、B/43(ビーヨンサン)に関するよくある質問に回答して終わります。

B/43の年会費・利用料金はいくらですか?

年会費は無料です。

B/43の年会費は無料で、専用アプリも基本的に月額料金は発生しませんが、有料版の「B/43プラス」というサービスが存在します。

  • 限定デザインカード
  • ポケットを10個追加(無料版は3個まで)
  • カスタムカテゴリの設定
  • 明細を分割
  • 明細への画像添付
  • 明細のCSV出力
  • 1年以上前のまとめ履歴閲覧

また、B/43プラスに申し込むと、通常500円の発行手数料が必要なICチップ付きカードが1枚無料で発行されます。

B/43プラスは、さらに細かく家計管理をしたい人におすすめです。

B/43の上限額はいくらですか?

マイカード・ペアカードそれぞれ100万円まで入金可能です。

B/43にチャージできる金額は、マイカードとペアカードそれぞれで100万円までとなっています。

ただし、入金方法によって1回あたりの上限金額や入金可能な金額が異なるので気をつけましょう。

入金方法上限金額
コンビニ299,900円
Pay-easy(ペイジー)100,000円
セブン銀行ATM500,000円
銀行口座からの入金100,000円または200,000円
銀行振込(入金用口座)1,000,000円(または銀行口座の振込上限金額)
クレジットカード300,000円
参照 : 入金(チャージ)できる金額の上限は?|B/43
B/43のペア口座って何?

B/43のペア口座は、家族やパートナーと共有して使える専用口座です。

双方のスマートフォンからアプリを介して残高や履歴の確認ができます。

また、B/43でペア口座を利用する場合は婚姻関係の有無なども必要ないため、昨今のライフスタイルに合わせた柔軟な使い方が可能です。

まとめ

B/43は、プリペイドカードと家計簿アプリが一体化したサービスで、次のようなメリットとデメリットがあります。

B/43のメリット・デメリット
メリットデメリット
ライフスタイルに合わせた家計管理が可能
決済の反映はリアルタイムでズレがない
カテゴリー別にお金を管理できる
ポケット機能で目的ごとにお金を管理できる
現金引き出しも可能
後払い機能がある
カードが届くまで利用できない
ポイント制度はない
銀行振込・出金時に手数料がかかる
Apple Payに非対応
5年間未使用・退会時にはすべての残高が失効

B/43は、ひとりで使うのはもちろん、家族や同棲中のパートナーなど、2人以上で利用するのがおすすめです。

B/43にチャージした金額をスマートフォンからいつでも手軽に管理できるので、将来を見据えて効率良く貯金をしたい人にもおすすめです。

家計簿が長続きしなかった人でも手軽に家計管理ができるようになるので、これを機にB/43の利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

家計診断相談サービス「オカネコ」
  • 家計状況を無料診断(同年代と年収や貯金の比較も可能)
  • 複数のプロからコメントが届く
  • そのままオンラインで無料相談できる

オカネコマガジン編集部

オカネコマガジンは、お金の悩みを抱えるユーザーとお金の悩みを解決する専門家をマッチングするサービス「オカネコ」を運営する株式会社400F(フォーハンドレッド・エフ、本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村 仁)が運営する、みんなのお金のことが分かるオウンドメディアです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次