令和6年能登半島地震による被害を受けられた皆様へ

【2024年最新】債務整理におすすめの法律事務所12選!費用が安い・無料相談可能な法律事務所とは– category –

更新日:

※本記事は広告・プロモーションを含みます。

監修者
スキラージャパン株式会社 伊藤亮太スキラージャパン株式会社ファイナンシャルプランナー
伊藤 亮太
CFP(R) / DCアドバイザー / 証券外務員一種

「借金の返済で生活が苦しい」「取り立てが厳しく、不安な毎日を送っている」そんな方はできるだけ早いうちに法律事務所に相談し、債務整理を検討することが大切です。

債務整理には、主に任意整理」「個人再生」「自己破産」「特定調停の4つの方法があり、専門家の力を借りることによって取り立てを停止できたり、返済額を減額できたりと多くのメリットを得られます。ご自身の債務がどの方法で対応すべきか、以下のチャートで確認してみてください。

債務整理の診断チャート

債務整理の相談ができる法律事務所の選び方には、「トータルコストが安いか」「どのような支払い方法があるか」「通いやすいか」「実績が豊富か」「口コミ評判は良いか」「時間に融通が利くか」の6つのポイントがあります。

この記事では「債務整理におすすめの12の法律事務所の比較」や法律事務所の選び方のポイントの詳細、そもそも債務整理とは何かなどをご紹介しますので、借金問題の早期解決にお役立てください。

当コンテンツでご紹介する、債務整理におすすめの法律事務所は以下のとおりです。いずれも初回相談料無料・webで相談ができる法律事務所を厳選しました。お急ぎの方は、以下の比較表を参考に、ご自身に合った法律事務所への相談を検討してください。

スクロールできます
はたの
法務事務所
グリーン司法書士法人ベリーベスト法律事務所東京ロータス
法律事務所
アース
法律事務所
ひばり
法律事務所
サンク総合
法律事務所
アヴァンス
法務事務所
杉山事務所弁護士法人・響ML司法書士事務所ライズ綜合法律事務所
初回相談料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料
着手金
(任意整理)
無料 無料0円~22,000円/件22,000円/社22,000円/社55,000円~/件11,000円~/社無料55,000円~要問合せ55,000円~/社
解決報酬金
(任意整理)
22,000円~/社21,780円~/社22,000円/社22,000円/件22,000円/社22,000円/社11,000円~/件11,000円/社27,500円~/社11,000円~22,000円~/社22,000円/社
減額報酬額減額の11%なし減額の11%減額の11%減額の11%減額の11%減額の11%減額の11%要問合せ減額の11%要問合せ減額の11%
過払い金請求
報酬金
回収額の22%(10万円以下の場合14%)回収額の22%(訴訟の場合28%)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)要問合せ(任意整理に付随する過払い金請求の報酬金は回収額の20%~)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%回収額の27.5%~回収額の22%(訴訟の場合27.5%)要問合せ回収額の22%(訴訟の場合27.5%)
営業時間平日9:30〜18:30平日9:00~20:00
土日祝10:00~17:00
24時間平日10:00~20:00
土日祝10:00~19:00
平日・土日祝日 10:00~19:00平日10:00~19:00平日9:30〜18:30平日9:30~21:00
土日祝10:00~18:00
平日・土日9:00~19:0024時間要問合せ平日・土日祝日 9:00~21:00
URL公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
詳細詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
※費用はすべて税込み価格。その他の費用がかかる場合があります。必ず事務所へお問い合わせください。
このコンテンツの3行まとめ
  • 債務整理におすすめの法律事務所12選<初回相談無料>」で債務整理の初回相談が無料かつweb相談に対応している法律相談所が比較検討できます。
  • 債務整理を行う法律事務所のおすすめの選び方」で、トータルコストの安さや豊富な相談実績があるか、分割払いに対応しているかなど自分に合った法律相談所の選び方がわかります。
  • 債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」「特定調停」の4つの方法があり、債務状況や収入・資産状況などによって取るべき手段が変わるので、まずは専門家に相談しましょう。

注記:当サイトを経由したお申し込みがあった場合、当社は提携する各企業から報酬の支払いを受けることがあります。提携や報酬の支払いの有無が、当サイト内での評価に影響を与えることのないようにしています。

目次

図解で総括 | 債務整理におすすめの法律事務所と選び方

債務整理を行った人の平均月収と負債額

債務整理とは、主に「任意整理」「個人再生」「自己破産」「特定調停」の4つの方法があり、弁護士や裁判所を介して借金の減額や支払い期間を延ばすなどして債務者の負担を減らすための手続きのことを言います。

日本弁護士連合会が発表した「2020年破産事件及び個人再生事件記録調査」(※1)によると、2020年に自己破産手続きを行った方の平均月収は142,021円、個人再生手続きを行った方は手続きに一定の条件が求められることから、平均月収は261,323円という結果でした。

債務整理をした人の月収のグラフ

負債額については、個人再生手続きを行った方のほうが負債額が大きく、40%以上が1,000万円を超える負債を抱えており、自己破産手続きを行った方は500万円未満が半数以上を占めるという結果に。(※2)

債務整理をした人の負債額のグラフ

負債の理由としては、自己破産・個人再生どちらも「低所得による生活苦」によるものが最も多くの割合を占めていました。

監修者

もうどうしても借金を返せない。この場合には、自己破産や個人再生を検討します。個人再生の方が、自己破産よりも負債総額が大きい場合が多いといえますが、どちらがよいかも含め、返済対応も司法書士や弁護士に任せて整理していく方がすっきりします。心配事も減ることでしょう。
収入が減り、借金で苦しんでいる方は世の中に多くいます。この記事を読み、少しでも心配を和らげたい方は、ご自身と状況が同じ人が債務整理を行っているのかどうか確認し、無料相談を受けてみると良いでしょう。

参照※1:2020年破産事件及び個人再生事件記録調査_日本弁護士連合会
参照※2:個人再生手続きを行った方の負債額については、住宅ローンを含んだ数値と含まない数値が混在しているため、参考値として掲載

\  かんたん3分でお金のレベルがわかる! /

債務整理におすすめの法律事務所12選<すべて初回相談無料>

債務整理の相談先としてはどこか最適なのか、相談料や報酬、使いやすさなどを比較しながら、おすすめの法律事務所(以下司法書士事務所含む)を11ご紹介します。(2024年2月時点の情報)

いずれも初回相談料無料・全国対応が可能な法律事務所のため、気軽に債務整理の相談が可能です。

※価格はすべて税込みです。負債金額や取引内容に応じて金額が変更されることがありますので、詳しくは各法律事務所へお問い合わせください。

1. はたの法務事務所

はたの法務事務所 概要表
初回相談料無料
任意整理の費用着手金:無料
報酬金:22,000円/社
減額報酬金:減額の11%
経費:1社5,500円
自己破産の費用報酬金:330,000円(少額管財事件は+220,000円~)
その他:印紙、切手、訴訟費用
(原則実費のみ)、管理費等
個人再生の費用報酬金:385,000円~
再生委員に支払う費用:220,000円~
その他:印紙、切手、訴訟費用
(原則実費のみ)、管理費等
過払い金請求の費用報酬金:回収額の22%(10万円以下の場合は14%)
その他:11,000円の計算費用
本社所在地東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付)・6階
対応地域全国
web相談対応
電話番号0120-963-164
営業時間平日 8:30~21:30、土日祝 8:30~21:00
管財人に支払う費用は別途発生。自己破産、個人再生、民事再生に関しては、書類作成のみ。

はたの法務事務所は、債務整理や過払い請求などお金に関わる問題解決を得意とする司法書士法人です。

東京本店と大阪支店の2店舗があり、20万件以上にものぼる豊富な相談実績を持っているため、法務相談が初めてで不安な方も安心して任せられます。

また、はたの法務事務所は初回相談料・着手金が無料なので、費用を抑えながら債務整理をしたい方にもおすすめ。

全国各地への出張も無料で対応している(対応エリアはこちら)ため、東京や大阪にお住まいの方はもちろん、地方在住の方も気軽に相談できます。

おすすめポイント!

  • 初回相談料・着手金が無料で初期費用をかけずに相談可能!
  • 女性専用窓口を設け、女性でも安心して相談できる
  • 全国への出張料が無料

╲ 初回相談・着手金無料で豊富な経験実績 /

2. グリーン司法書士法人

画像は許諾を得てホームページより引用しています。

グリーン司法書士法人 概要表
初回相談料無料
任意整理の費用着手金:無料
報酬金:21,780円/社~
減額報酬金:なし
自己破産の費用報酬金:264,000円~(2社目以降1社ごとに+20,900円)
個人再生の費用報酬金:330,000円(2社目以降1社ごとに+22,000円、住宅ローン特則ありの場合+55,000円)
過払い金請求の費用基本料金:21,780円(取り返せない場合はなし)
報酬金:回収額の22%
(訴訟の場合は回収額の28%)
本社所在地大阪市中央区高麗橋4丁目5番2号 高麗橋ウエストビル2階
対応地域全国
web相談対応
電話番号0120-797-031
営業時間平日 9:00~20:00、土日祝 10:00~17:00

グリーン司法書士法人は、大阪と東京に拠点を構える司法書士法人です。

弁護士が在籍する法律事務所よりも低コストなのが特徴で、着手金は無料で任意整理の減額報酬金がなく、報酬金も他の法律事務所より安く設定されています。ただし過払い金請求は報酬金に加え、基本料金約2万円の支払いが発生します。

相談はLINEにも対応しているので、気軽に相談できるのもメリットです。

おすすめポイント!

  • 相談料・着手金が無料で初期費用をかけずに相談可能!
  • 女性司法書士が在籍し、女性でも安心して相談できる
  • 土日・祝日(10時〜17時)も対応可能

╲ LINEで相談が可能!低コストで相談できる /

3. ベリーベスト法律事務所

画像は許諾を得てホームページより引用しています。

ベリーベスト法律事務所 概要表
初回相談料無料
任意整理の費用着手金:無料
解決報酬金:22,000円/社
減額報酬金:減額の11%
事務手数料:44,000円/件
(状況によって異なる)
その他手数料:0円~
(負債額によって異なる)
自己破産の費用基本報酬金:同時廃止事件385,000円、管財事件495,000円
事務手数料:44,000円
管財事件の予納金:200,000円〜
個人再生の費用基本報酬金:495,000円(住宅ローン特則ありの場合605,000円)
事務手数料:44,000円
その他:別途裁判所・再生委員等への納付が必要になる場合あり
過払い金請求の費用報酬金:回収額の22%(訴訟の場合は回収額の27.5%)
本社所在地東京都港区六本木一丁目8番7号 MFPR六本木麻布台ビル11階
対応地域全国
web相談対応
電話番号0120-170-316
営業時間24時間

ベリーベスト法律事務所は、北海道から沖縄まで全国69拠点・約380名の弁護士が在籍する大手法律事務所です。

債務整理の実績も豊富で、これまでの相談件数は36万8,000件以上にのぼります。何度相談しても相談料は無料なうえ、自宅を訪問しての相談にも対応しているため、全国どこに住んでいても相談しやすいのがメリットです。

着手金は無料で、基本的に成功報酬による料金体系となっており、費用の支払いは後払いや分割払いにも対応。

ベリーベスト法律事務所のホームページでは、債務整理でいくら借金を減らせるのかがわかる「無料減額診断」を提供しています。匿名かつ最短90秒でできる簡単な診断なので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

おすすめポイント!

  • 相談料・着手金が無料で初期費用をかけずに相談可能!
  • 24時間電話受け付けが可能
  • 全国各地69か所に拠点を持つ、安心の大手法律事務所

╲ 全国に拠点を持ち成功報酬型のわかりやすい料金体系! /

4. 東京ロータス法律事務所

画像は許諾を得てホームページより引用しています。

東京ロータス法律事務所 概要表
初回相談料無料
任意整理の費用着手金:22,000円/件
報酬金:22,000円/件
減額報酬金:減額の11%
自己破産の費用着手金:220,000円
報酬金:220,000円
諸費用:55,000円
管財人引継予納金 :200,000円~
個人再生の費用着手金:330,000円
報酬金:330,000円
諸費用:55,000円
住宅ローン特則あり:110,000円
過払い金請求の費用報酬金:回収額の22%(訴訟の場合は回収額の27.5%、訴訟費用、出廷日当)
本社所在地東京都台東区東上野1丁目13番2号廣丸ビル1-2階
対応地域全国
web相談対応
電話番号0120-316-715
営業時間平日 10:00~20:00、土日祝 10:00~19:00

東京ロータス法律事務所は、債務整理に特化した活動を行っている法律事務所です。弁護士4人体制で対応しており、これまでに6,000件以上の事案を受けた実績があります。

土日祝も10:00~19:00まで電話窓口が開いているので、平日の相談が難しい方も相談しやすいでしょう。また、別途1件1,100円で送金代行サービスを提供しているのも東京ロータス法律事務所の特徴です。

送金代行を利用すれば、東京ロータス法律事務所を通して借金を返済できるため、借入先への対応を自分で行う必要がなく、自分の仕事や生活に集中できるというメリットがあります。

おすすめポイント!

  • 債務整理の案件に強い法律事務所
  • 相談は何度でも無料!
  • 土日・祝日(10時〜19時)も対応可能

╲ 多数の相談実績で債務整理に特化! /

5. アース法律事務所

画像は許諾を得てホームページより引用しています。

アース法律事務所 概要表
初回相談料無料
任意整理の費用着手金:22,000円/社(残債務のない債権の調査、過払い請求は着手金無料)
報酬金:22,000円/社
減額報酬金:減額の11%

過払い金請求の報酬金:回収額の20%〜
自己破産の費用着手金:330,000円~
報酬金:110,000円~
個人再生の費用着手金:330,000円
報酬金:220,000円
住宅ローン特則あり:110,000円
過払い金請求の費用お問い合わせください(任意整理に付随する過払い金請求の報酬金は、回収額の20%~)
本社所在地東京都港区新橋2-12-5 池伝ビル5階
対応地域全国
web相談対応
電話番号0120-72-3565
営業時間平日・土日祝日10:00~19:00

アース法律事務所は「債務整理を成功させて、出直すんだ」という依頼者の気持ちに寄り添う法律事務所です。

元裁判官で弁護士歴30年以上という法律のプロフェッショナルが代表弁護士を務めており、豊富な知識と経験を活かした問題解決に強みがあります。

過去には約600万円の借金を抱えた依頼者の債務整理を行い、120万円まで圧縮した事例もあるとのこと。相談料は無料なので、借金が増えすぎて返せないと悩んでいる方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

おすすめポイント!

  • 代表弁護士は元裁判官の法律のプロフェッショナル!
  • 相談料は通常30分5,500円の費用がかかるが、債務整理の相談料は無料
  • 土日・祝日(10時〜19時)も対応可能

╲ 元裁判官の弁護士が代表を務める! /

6. ひばり法律事務所

画像は許諾を得てホームページより引用しています。

ひばり法律事務所 概要表
初回相談料無料
任意整理の費用着手金:22,000円/社
報酬金:22,000円/社
減額報酬金:減額の11%
経費:5,500円/社
自己破産の費用着手金:220,000円
報酬金:220,000円
経費:5,500円/社
予納金・郵券・交通費・管財費用:実費
その他:若干の諸費用あり
個人再生の費用着手金:330,000円
報酬金:220,000円
経費:5,500円/社
予納金・郵券・交通費・再生委員費用:実費
その他:若干の諸費用あり
過払い金請求の費用報酬金:回収額の22%(訴訟の場合は回収額の27.5%+実費)
本社所在地東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応地域全国
web相談対応
電話番号03-5638-7288
営業時間平日 10:00~19:00

もともとはキャリア25年以上のベテラン・名村弁護士の個人事務所でしたが、2020年に弁護士法人へと組織変更。事務所名を「ひばり法律事務所」に変え、依頼者の法的問題をいち早く解決するべく、より強固な業務運営体制へと整えました。

ひばり法律事務所の基本理念は「ご相談者様の立場に立って、親身になって業務をする」です。また相談料は無料で、正式に依頼するまで費用は発生しません。

弁護士相談が初めてで不安を感じている方も、安心して相談できる法律相談所と言えるでしょう。

おすすめポイント!

  • 債務整理の案件に特化した法律事務所
  • 女性専用窓口を設け、女性でも安心して相談できる
  • 債務整理の相談は何度でも無料!

╲ 相談は何度でも無料で、分割払いにも対応! /

7. サンク総合法律事務所

画像は許諾を得てホームページより引用しています。

サンク総合法律事務所 概要表
初回相談料無料
任意整理の費用着手金:55,000円/件
報酬金:11,000円/件
減額報酬金:減額の11%
自己破産の費用お問い合わせください
個人再生の費用お問い合わせください
過払い金請求の費用報酬金:回収額の22%(訴訟の場合は回収額の27.5%)
本社所在地東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
対応地域全国
web相談対応
電話番号0120-281-739
営業時間平日 9:30〜18:30

サンク総合法律事務所は、アットホームな雰囲気で、依頼者の悩みに対し誠意を持って対応することにこだわっています。

迅速な対応により、正式依頼後その日のうちに取り立てがストップするケースも。相談実績は月600件以上で、女性弁護士が在籍しているため「男性弁護士には相談しにくい」という方も安心です。

また、サンク総合法律事務所では、着手金などの費用の分割払いにも対応しています。相談料も無料なので、初期費用を抑えつつ債務整理を進めることが可能です。

おすすめポイント!

  • 月間600件を超える問い合わせ・相談実績を誇る!
  • 女性弁護士が在籍し、女性でも安心して相談できる
  • 債務整理の相談は無料

╲ 女性弁護士も在籍し女性の相談も安心 /

8. アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所 概要表
初回相談料無料
任意整理の費用着手金:11,000円~/社
解決報酬金:11,000円/社
減額報酬金:減額の11%

※着手金は、分割払いが可能です。
※過払い金を取り戻した場合は、過払い金に対して22%(税込)の成功報酬が別途必要です。
※別途事務手数料が必要です。
自己破産の費用着手金:352,000円
予納金、申立印紙代などの実費:約40,000円
個人再生の費用報酬金:418,000円(住宅ローン特則ありの場合473,000円)
予納金、申立印紙代などの実費:約40,000円
過払い金請求の費用報酬金:回収額の22%
本社所在地大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F
対応地域全国
web相談対応
電話番号0120-964-564(女性専用ダイヤル:0120-964-664)
営業時間平日 9:30~21:00、土日祝 10:00~18:00
自己破産の管財事件の場合は別途費用が必要。

アヴァンス法務事務所は債務整理の案件に特化し、2007年の会社設立以来、34万件以上の相談実績のある司法書士法人です。

アヴァンスは債務整理手続き後のサポートにこだわり、債務整理後の各金融会社への支払い・管理の代行や、返済不能になった場合の再和解の交渉をサポートするサービスを提供しています。ほかにも債務整理の進捗状況をWeb上で確認できるシステムも提供し、手続き後も安心できるサポート体制が整っています。

また、女性スタッフが対応する女性専用窓口も設けており、女性が安心して相談できる点もメリットの一つです。

おすすめポイント!

  • 債務整理の案件に強い司法書士法人
  • 手続き後のサポートにも力を入れている!
  • 女性専用窓口を設け、女性でも安心して相談できる

╲ 債務整理に特化し充実のサポート体制! /

9. 杉山事務所

画像は許諾を得てホームページより引用しています。

杉山事務所 概要表
初回相談料無料
任意整理の費用着手金:無料
報酬金:27,500円/社~+通信費等の実費
減額報酬金:お問い合わせください
自己破産の費用報酬金:440,000円+印紙代等の実費
個人再生の費用報酬金:440,000円(住宅ローン特則ありの場合550,000円)+印紙代等の実費
予納金:約35,000円
過払い金請求の費用報酬金:回収額の27.5%
本社所在地大阪府大阪市中央区難波2-3-7 南海難波御堂筋ウエスト8F
対応地域全国
web相談対応
電話番号0120-066-018
営業時間平日・土日9:00~19:00

杉山事務所は過払い金請求の相談実績月間3,000件以上と、豊富な実績のある法律事務所です。2009年週刊ダイヤモンドの消費者金融が恐れる司法書士No.1にも選ばれました。

費用は成功報酬型で、着手金は無料。全国各地に9つの事務所を構え、出張相談も無料で対応しています。

司法書士法人のため高額な借入がある場合は対応が難しいかもしれませんが、実績があるところに過払い金の相談をしたい方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめポイント!

  • 相談料・着手金が無料で初期費用をかけずに相談可能!
  • 過払い金請求の相談実績は月間3,000件以上と豊富な実績
  • 全国への出張相談が無料

╲ 月間3,000件の過払い金相談実績で安心の対応! /

10. 弁護士法人・響

画像は許諾を得てホームページより引用しています。

弁護士法人・響 概要表
初回相談料無料
任意整理の費用着手金:55,000~
解決報酬金:11,000~
減額報酬金:減額の11%
自己破産の費用着手金:330,000円~
報酬金:220,000円~
個人再生の費用着手金:330,000円~
報酬金:220,000円(住宅ローン特則ありの場合330,000円~)
過払い金請求の費用解決報酬金:22,000円
過払報酬金:回収額の22%(訴訟の場合は回収額の27.5%)
本社所在地東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
対応地域全国
web相談対応
電話番号0120-531-022
営業時間24時間

弁護士法人・響は東京3店舗、大阪、香川、福岡、沖縄に店舗を構え、メディアやwebなどにも多数出演する弁護士が所属する法律事務所です。

相談は24時間、365日対応しており、相談料は何度でも無料で弁護士費用は分割払いが可能なので、初期費用が抑えられます。

まずは債務の減額が可能か、どのくらい減額ができるのか、以下のリンクから無料診断ができますのでぜひ試してみてください。

おすすめポイント!

  • 24時間、265日相談が可能!
  • 債務整理の相談実績が豊富で相談は何度でも無料
  • 所属弁護士はメディアに多数出演

╲ 24時間365日いつでも相談できて分割払いも可能! /

11. ML司法書士事務所

画像は許諾を得てホームページより引用しています。

ML司法書士事務所 概要表
初回相談料無料
任意整理の費用着手金:お問い合わせください
報酬金:22,000円/社~
減額報酬金:お問い合わせください
自己破産の費用報酬金:550,000円~
個人再生の費用報酬金:440,000円~
過払い金請求の費用お問い合わせください
本社所在地神奈川県藤沢市鵠沼松が岡1丁目16番22号
対応地域全国
web相談対応
電話番号0120-184-021
営業時間お問い合わせください

ML司法書士事務所は神奈川県藤沢市に事務所を構え、債務整理の相談をメインに扱う司法書士事務所です。2023年に「もりた法事律務所」から「ML司法書士事務所」に名称を変更しました。

司法書士の石井孝明氏がすべて一人で対応しており、だからこそ問題解決に向けたスピーディーな対応が可能に。

任意整理の報酬金費用は1社につき22,000円~と一般的な価格ではありますが、その他の具体的な金額については相談時に問い合わせましょう。以下のリンクから2つの質問に答えるだけで、借金の減額診断が無料でできます。

おすすめポイント!

  • 債務整理の案件に特化した司法書士事務所
  • 相談は何度でも無料!
  • 司法書士事務所代表が迅速に対応してくれる

╲ 債務整理の相談を専門とする司法書士が迅速に対応! /

12. ライズ綜合法律事務所

画像は許諾を得てホームページより引用しています。

ライズ綜合法律事務所 概要表
初回相談料無料
任意整理の費用着手金:55,000円~/社(残債務のない債権の調査、過払い請求は着手金無料)
報酬金:22,000円/社
減額報酬金:減額の11%

送金管理費:1社につき1,000円/回
通信費:2,200円/社
自己破産の費用着手金:同時廃止事件363,000円、管財事件418,000円(※)
通信費及び申立諸費用:30,000円

管財人費用(管財事件の場合のみ):200,000円~
個人再生の費用報酬金:418,000円~(住宅ローン特則ありの場合528,000円)
申立費用等実費:50,000円
再生委員費用:150,000円~
過払い金請求の費用報酬金:回収額の22%(訴訟の場合は回収額の27.5%)
通信費:2,200円/社
解決報酬金:22,000円/社
本社所在地東京都中央区日本橋3-9-1 日本橋三丁目スクエア12階
対応地域全国
web相談対応
電話番号0120-657-001
営業時間平日・土日祝 9:00~21:00
(※)借入先が11社以上、または借入総額500万円以上の場合は、着手金は同時廃止事件418,000円、管財事件473,000円

ライズ綜合法律事務所は、相談実績7万件以上、解決実績4万件以上の実績を持つ法律事務所です。

費用はホームページに詳細に記載されているので、どのくらい費用がかかるか簡単に確認でき、分割払いにも対応しています。

土日祝日も21時まで対応しているほか、営業時間外でも24時間、電話やメールで受け付けを行っており、東京・横浜・大阪に事務所を構えているので直接訪問して相談も可能です。相談は何度でも無料なので、少しでも不安に思っていることがあれば一度相談してみましょう。

以下のリンクでは無料かつ匿名で「借金の減額診断」が可能です。まずはこちらから借金がどのくらい減額できるか、確認してみてください。

おすすめポイント!

  • 料金設定がわかりやすく分割払いにも対応
  • 相談は何度でも無料!
  • 無料かつ匿名で「借金の減額診断」を提供

╲ 豊富な実績かつわかりやすい料金設定で安心して相談できる /

<特徴別>債務整理におすすめの法律事務所

ここからは、特徴別におすすめの法律事務所をご紹介します。

女性が相談しやすい法律事務所2選

「浪費癖で借金が膨らんでいる」「周囲にバレずに借金を返済したい」と考える方は、男性だけでなく女性もたくさんいます。日本弁護士連合会が発表した「2020年破産事件及び個人再生事件記録調査」によると、2020年の自己破産手続きを行った方は男性が約56%、女性は約44%と、約半数は女性でした。

なかなか相談しにくい債務の悩みですが、女性専用の窓口を設置していたり、女性弁護士や女性事務員が対応してくれる法律事務所もあります。ここでご紹介する女性が相談しやすい環境を整えているおすすめの法律事務所は、以下の2つです。

  • ひばり法律事務所:女性弁護士が在籍している
  • はたの法務事務所:女性専用ダイヤルがある

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所は女性弁護士が在籍する法律事務所です。「夫に内緒にしている借金が返せない」「結婚前に借金を清算したい」など、女性が抱えるお金の問題を経験豊富な女性弁護士に相談ができます。

相談料は無料で、正式に依頼するまで費用は発生しません。着手金の分割払いもできますので、女性でも男性でも安心して相談できる環境です。詳しい料金や無料相談フォームは、下記サイトにございます。

╲ 相談は何度でも無料で、分割払いにも対応! /

はたの法務事務所

はたの法務事務所は「女性専用ダイヤル」があり、土日・祝日も8:30~21:00まで相談を受け付けています。電話だけでなく下記サイトの無料相談フォームからチャット形式で相談の申し込みもできるため、女性でも安心して相談ができる法律事務所です。

相談料も着手金も無料のため、初期費用を抑えながら相談したい方は、まずは下記から無料相談をしてみましょう。

╲ 初回相談・着手金無料で豊富な経験実績 /

費用が安い法律事務所2選

債務整理はなるべく安く済ませたいところ。初回相談は無料のところが多いですが、着手金や報酬金の料金設定は法律事務所によって異なります。

比較的費用が安く設定されており、初期費用を抑えて相談ができる法律事務所は以下の2つです。

  • グリーン司法書士法人:相談料・着手金0円で報酬金も安い。任意整理の減額報酬金も0円
  • はたの法務事務所:相談料・着手金0円で報酬金も安い。全国出張料も無料

グリーン司法書士法人

グリーン司法書士法人は相談料や着手金が無料のほか、任意整理の減額報酬金がなく、自己破産や個人再生の報酬金も他の法律事務所より安価に設定されています。土日祝日も対応しているため、債務整理の費用を安く抑えたい方は一度相談をして費用を比較してみましょう。

ただし、1つの借入先に140万円を超える債務がある場合は、司法書士では対応できない点には注意が必要です。140万円超の借入先がある方は、司法書士ではなく弁護士に相談しましょう。

╲ LINEで相談が可能!低コストで相談できる /

はたの法務事務所

はたの法務事務所は相談料、着手金が0円で、初期費用を抑えた相談が可能です。報酬金も今回紹介する11社のなかでは低く設定されており、全国への出張料も無料で対応しています。

20万件以上にものぼる豊富な相談実績を持ち、安心して相談できる法律事務所といえます。

╲ 初回相談・着手金無料で豊富な経験実績 /

実績が豊富な法律事務所2選

実績が豊富な法律事務所は、より安心して債務整理の手続きを任せることができ、スムーズに対応してもらえることが予想されます。

以下2つの法律事務所は、債務整理の相談件数が20万件以上あり、実績豊富です。

  • ベリーベスト法律事務所:債務整理の相談件数36万件以上
  • はたの法務事務所:債務整理の相談件数20万件以上

ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所は、全国に拠点を持つ大手法律事務所です。

これまで債務整理の相談件数は36万8,000件以上にのぼり、豊富な実績を持ちます。安心して借金の相談ができるでしょう。

╲ 全国に拠点を持ち成功報酬型のわかりやすい料金体系! /

はたの法務事務所

はたの法務事務所は、司法書士として27年の実績と、20万件以上にものぼる豊富な相談実績をもつ司法書士法人です。

全国各地への出張も無料で対応しており(対応エリアはこちら)、費用もリーズナブルなため、法務相談が初めての方でも安心して相談できる人気の法務事務所です。

╲ 初回相談・着手金無料で豊富な経験実績 /

何度でも相談が無料な法律事務所2選

多くの法律事務所では初回の相談料は無料ですが、債務整理は1度だけではなく納得のいくまで複数回相談できると安心です。

生活に大きな影響を受ける自己破産だからこそ、不安がしっかり解消されるまで相談したい方は、何度でも相談料が無料な以下の2つの法律事務所がおすすめです。

  • 東京ロータス法律事務所:債務整理の相談は何度でも無料(電話の場合は通話料も無料)
  • 弁護士法人・響:債務整理の相談は何度でも無料

東京ロータス法律事務所

債務整理の問題解決に特化した法律事務所である東京ロータス法律事務所は、何度でも相談無料で、携帯電話やPHSからの電話相談でも通話料無料で土日祝日も対応可能です。

仕事や家事などで忙しい方でも、気軽に安心して相談できる法律事務所と言えます。

╲ 多数の相談実績で債務整理に特化! /

弁護士法人・響

弁護士法人・響では、相談は24時間・365日対応しており、相談料は何度でも無料です。

弁護士費用は分割払いが可能なので、初期費用を抑えて相談・依頼がしたい方におすすめの法律事務所です。

╲ 24時間365日いつでも相談できて分割払いも可能! /

債務整理を行う法律事務所のおすすめの選び方

債務整理を法律事務所に依頼する際は、以下のポイントに着目して選ぶのがおすすめです。

監修者

どの法律事務所を選べばよいかわからない。債務整理を行う場合でも、この点でお悩みになる方は多いのではないかと思います。大きく分けてふたつのポイントから選びましょう。ひとつは金額、もうひとつは実績です。
弁護士や司法書士もそれぞれ得意分野があります。債務整理に関して得意な方にお願いすべきです。そのため、実績を確認しつつ、金額面で妥当かどうかも確認し選んでいきましょう。もちろん、ご自身のお住まいからお近くであるかどうかも確認してくださいね。

選び方1. トータルコストが安いか

債務整理を法律事務所に依頼する場合、一般的に以下のコストがかかります。

  • 相談料
  • 着手金
  • 解決報酬金
  • 減額報酬金
  • 諸経費(事務手数料など)

コストは借入先ごとに発生するため、借入先の数が多いほどかかる金額も高くなります。参考まで、この記事で紹介した法律事務所のトータルコストを計算すると、「借入先1件につき2~7万円+減額報酬11%」でした。

ただし、債務整理の方法によって金額が変わる場合があります。初回相談料を無料にしている法律事務所も多いので、一度相談して見積をお願いするのが確実です。

できるだけトータルコストの安い法律事務所を比較して選び、金銭的負担を軽くしましょう。

トータルコストが安いおすすめの法律事務所

選び方2. どのような支払い方法があるか

法律事務所によっては、着手金や報酬金の分割払いに対応しているところもあります。「借金の返済もあるのに、債務整理費用を払えるだろうか…」と不安な方は、分割払いが可能な法律事務所を選ぶのがおすすめです。

ちなみに債務整理を始める際は、借入先に介入通知書を送った段階で取り立てが停止されるため、返済再開までの時間が空きます。

その間に債務整理費用の分割払いを完了させれば、借金返済と重なることもなく、無理のない資金計画を立てられるでしょう。

分割払いに対応しているおすすめの法律事務所

選び方3. 通いやすい・Web相談に対応しているか

自宅から遠い法律事務所に債務整理を依頼すると、通うのが大変なだけでなく交通費もかさんでしまいます。法律事務所を選ぶ際は、通いやすさやWeb相談対応の有無も必ずチェックしましょう。

Web相談に対応している法律事務所なら、自宅にいながらにして気軽にメール相談が可能です。

また、なかにはテレビ電話やオンラインミーティングシステムを使った相談が可能なところ、自宅への出張相談に対応しているところもあります。「人目が気になる」「事務所に行くのが不安」という方は、来所なしでの相談にも対応している法律事務所を選ぶのがおすすめです。

通いやすい・Web相談に対応しているおすすめの法律事務所

選び方4. 実績が豊富か

法律事務所によって、専門分野や対応可能な分野は異なります。債務整理を依頼するなら、ホームページで法律事務所の特色を比較しながら確認し、借金問題の解決を得意としているところを選びましょう。

なぜなら返済困難に陥った原因、借入先の数、収入や資産状況などが人それぞれ違うなかで、状況に合わせた債務整理を行う必要があるためです。

債務整理の実績が豊富な法律事務所に依頼するほうが、これまでの事例をもとに最善の解決策を提案してもらえる可能性が高まります。

豊富な実績を誇るおすすめの法律事務所

選び方5. 口コミ評判は良いか

実際に債務整理の相談に行った人の口コミ評判は、法律事務所を選ぶ際の参考になります。気になる法律事務所が見つかったら、まずは口コミサイトやGoogleマップなどで事務所名を検索してみましょう。

寄せられた口コミ評判から、法律事務所の雰囲気を感じ取ることができます。「親身に話を聞いてくれる」「説明がわかりやすかった」など、口コミ評判が良い法律事務所に絞って相談に行けば、それだけ良い弁護士や司法書士に出会える確率が高まります。

選び方6. 時間に融通が利くか

法律事務所の営業時間は、一般企業と同じく平日の日中を基本としている場合が多いですが、なかには土日祝も相談可能なところもあります。

また、事前に電話やメールで希望の時間帯を伝えておけば、営業時間外の相談に乗ってくれる法律事務所も少なくありません。

仕事や育児、介護などのさまざまな事情から時間が限られている方は、休日や夜間の相談にも柔軟に対応できる法律事務所を選ぶのがおすすめです。問題解決まで複数回の来所が必要になったとしても、心に余裕を持てるでしょう。

土日祝日も相談可能なおすすめの法律事務所

債務整理とは?4つの手続き方法(メリット・デメリット・費用の目安)

先述の通り、債務整理の方法には主に「任意整理」「個人再生」「自己破産」「特定調停」の4つがあり、債務状況や収入・資産状況などによって取るべき手段が変わってきます。

債務整理とは?4つの種類の概要

4つの違いを簡単に比較すると、以下の通りです。

4つの債務整理方法の比較表
任意整理個人再生自己破産特定調停
手続き方法本人と借入先の合意に基づく裁判所が仲介裁判所が仲介裁判所が仲介
減額できる借金の目安遅延損害金や利息の軽減元金の5分の1~10分の1借金がゼロになる代わりに財産を手放す基本的に利息の軽減(過払い金返還不可)
返済期間3~5年3~5年3~5年
借入先の同意必要必要不要必要
手続きに要する期間個人の状況により異なる半年~1年半年~1年1~2ヶ月
官報への掲載なしありありなし
ブラックリストの登録ありありありあり
依頼費用の目安※1約2万円~6万円/社+減額報酬金約30万円~70万円/社約25万円~60万円/社
参照:裁判所HP「個人再生手続説明書」「破産(自己破産)の手続について」「債務整理の方法についてのQ&A」「特定調停申立てQ&A_裁判所特定調停のイメージ_金融庁
※1:本記事で紹介する法律事務所・司法書士事務所にてかかる費用(着手金・解決報酬金含む)

基本的には3~5年で借金の返済が困難と判断した場合は、「個人再生」や「自己破産」の手続きを行うことになります。

任意整理」は比較的借金が少なく、返済期間の延長や利息・遅延金の減額で返済が可能な場合に、手続きが行われることが一般的です。

特定調停」は弁護士などの専門家に依頼しなくても、自身で比較的簡単に手続きが進められるため費用が抑えられますが、貸金業者との交渉がうまくいかず、不調に終わることも多い債務整理方法です。

実際にご自身にとってどのような債務整理が適切か、以下の診断チャートも参考に確認してみてください。

債務整理の診断チャート

これら4つの債務整理の方法を知っていると、無料相談時の理解が深まりやすくなります。法律事務所に問い合わせする前に、簡単に概要を押さえておくのがおすすめです。

任意整理とは

任意整理とは

任意整理とは裁判手続きを行わず、弁護士や司法書士が借入先に交渉することによって、月々の返済額を調整する方法です。

例えば、返済期間を長くしてもらう将来発生する利息や遅延損害金をカットしてもらうなどして、債務者が現実的に返済していける条件での和解を目指します。

利息や遅延損害金が削減できれば元本のみの支払いとなり、原則3年(最長5年)の分割払いに設定されるので、毎月一定額を無理なく返せるような返済計画が実現します。

また、支払い過ぎてしまった利息(過払い金)があれば、戻ってくる(元本に充当する)可能性があるのも任意整理のメリットです。

任意整理を行った場合、ご自身の情報が事故情報(ブラックリスト)に登録されますが、基本的に家族や職場に影響を及ぼすことはないでしょう。

任意整理まとめ
おすすめの人・継続した収入があり、借金の元本を3~5年で返済できる方(毎月返済はできているが、利息の支払いが多くなかなか元本が減らない方)
メリット・公的機関を介さず当事者間の話し合いによって返済計画が決まるため、柔軟な計画が可能で、他の方法と比べると手続きがスムーズ
・過払い金の引き直し計算により、借金が減額できる可能性がある
デメリット・当事者間の任意の話し合いが必要なため、話し合いに応じない貸金業者に対する強制力はない
・他の方法と比べると、債務を大きく減額させる効果は期待できない
・事故情報に登録される(全ての手続きに共通)
費用の目安(※)約2万円~6万円/社+減額報酬金
参照:任意整理のイメージ_金融庁
(※)本記事で紹介する法律事務所・司法書士事務所にてかかる費用(着手金・解決報酬金含む)

個人再生とは

個人再生とは

個人再生とは、裁判手続きによって債務の一部を免除してもらい、残った債務を原則3年(最長5年)で分割して返済する再生計画を立て、返済していく方法です。

適用が受けられれば、住宅等の資産を処分せずに維持したまま、債務を5分の1から10分の1ほどに減額できる可能性があり、財産を手放すことなく債務を減額できるというメリットがあります。

ただし個人再生は適用を受けるための条件が厳しく、「借金などの総額が5000万円以下」「将来にわたり継続的に収入を得る見込みがある」「収入や給料の金額が安定している」等を満たす必要があります。

また、事故情報に登録されるほか、国が発行する官報に住所や氏名が掲載されますが、官報を購読している人・企業は少ないため周囲に知られる可能性は低いでしょう。

個人再生まとめ
おすすめの人・定期的な収入があり、借金をしている貸金業者の数や額が多い方
・住宅ローンがあり、住宅を手放したくない方
メリット・住宅を失わずに債務が大幅に減額できる可能性が高い
・給与の差押え等を止められる
デメリット・利用するためには一定の上限がある
・手続きが複雑で、費用と時間がかかる
・事故情報に登録されるほか、官報に氏名、住所が記載される
費用の目安(※)約30万円~70万円/社
参照:個人再生手続利用にあたって_裁判所個人版民事再生のイメージ_金融庁
(※)本記事で紹介する法律事務所・司法書士事務所にてかかる費用(着手金・報酬金等含む)

自己破産とは

自己破産とは

自己破産とは、裁判手続きによって生活必需品以外の財産を処分してそれを債務返済に充て、残った債務をすべて免除してもらう方法です。

ここでいう財産とは、99万円を超える現金や20万円を超える価値の財産(預貯金・生命保険の解約返戻金・退職金など)、住宅、自動車、貴金属などが当てはまり、生活に必要な家具家電は没収されません。

財産を手放すことにはなりますが、返済の見込みがない債務に対する取り立てや給料差し押さえの心配がなくなるため、生活を立て直しやすくなります。

一方で、個人再生と同様に事故情報に登録されるほか、官報に住所や氏名が掲載されます。また、手続き中は士業や警備員、生命保険募集人などの仕事に就くことはできず、引っ越しもできなくなるなどの制限も。

すべての債務で自己破産が選択できるわけではなく、浪費やギャンブルなど免責から除外(免責不許可事由)される債務もあるので注意が必要です。

連帯保証人のいる債務については、当人が自己破産をしても保証人がすべての借金を一括で返済しなければなりませんので、保証人のいない債務、もしくは保証人の了承を得てから行う手続きになります。

自己破産まとめ
おすすめの人・返済の見込みがなく、免責不許可事由に該当しない理由による借金がある方
メリット・適用されれば、早期に借金がなくなる
・給与の差押え等を止められる
デメリット・最低限の生活用品を除き、住宅等の財産を失う
・浪費やギャンブルによる負債など、破産の原因によっては免責されない場合がある
・事故情報に登録されるほか、官報に氏名、住所が記載される
・適用されるまで一定の職業に就けない等の制約がある
費用の目安(※)約25万円~60万円/社
参照:個人再生手続利用にあたって_裁判所個人版民事再生のイメージ_金融庁
(※)本記事で紹介する法律事務所・司法書士事務所にてかかる費用(着手金・報酬金等含む)

特定調停とは

特定調停とは

特定調停とは、裁判手続きによって裁判所が借入先との間を仲介し、債務者が現実的に返済していける条件での和解ができるよう促す制度です。個人だけでなく、法人や事業者でも利用することができます。

任意整理と似ていますが、任意整理は裁判外の私的な債務整理方法であるのに対し、特定調停は裁判所が間に入る公的な手続きとなります。弁護士などの専門家に依頼しなくても、ご自身で比較的簡単に手続きが進められるため、費用が抑えられる点がメリットです。

一方で、賃金業者の中には特定調停に協力的でなかったり、交渉が折り合わず不調に終わることも多々あります。もし調停が長引くと未払いや遅延損害金の額が膨らみ、その後また個人再生や自己破産の手続きに入ることになります。

また、任意整理では原則としてカットされる遅延損害金を支払わなければいけない可能性があり、過払い金の返還はできない点が任意整理とは異なる点です。

特定調停まとめ
おすすめの人・借金をしている貸金業者の数が少なく、引き直し計算で借金の減額が見込まれる方
・継続した収入があり、借金の元本を3~5年で返済できる方
メリット・裁判所が仲介するので、公平な結論が期待できる
・返済計画に強制力があり、給与の差押え等も止められる
・専門家を頼まずにできるので、費用が抑えられる
デメリット・借金をしている全ての貸金業者の合意を得る必要があり、調停が不調に終わることも多い
・債務を大きく減額させる効果は期待できない
・返済計画に強制力があるため、返済が滞ると直ちに給与等を差し押さえられる
費用の目安(※)申立手数料(印紙代):500円~/社
手続費用(切手代):430円~/社
参照:特定調停申立てQ&A_裁判所特定調停のイメージ_金融庁
(※)ご自身で手続きする場合の費用です弁護士依頼する場合は別途費用が必要となります

債務整理をしたときのデメリット

では債務整理をすると、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

一定期間クレジットカードなどが使えなくなる

債務整理をすると、信用情報に事故情報が登録(ブラックリスト)され、一定期間はクレジットカードやローン、キャッシングが利用できなくなります。クレジットカードの新規発行もできません。

ただし、決済と同時に指定した銀行口座から引き落とされる、「デビットカード」の発行・使用は可能です。

クレジットカードやローンが利用できるようになるまでの期間は、自己破産は約5~10年後、個人再生は約5年~10年後、任意整理は約5年後と言われています。ただ期間が過ぎたとしても、必ずしも審査が通るとは限らない点に注意しましょう。

賃貸住宅の契約ができない可能性がある

債務整理をしてブラックリストに登録されている期間は、新たに賃貸住宅の契約ができなくなる可能性があります。基本的に賃貸住宅の契約には家賃保証会社の審査が必要となり、この審査に通らない可能性があるからです。

引っ越しを検討している方は念頭に置いておくと良いでしょう。

銀行口座が凍結される場合がある

銀行のキャッシング等の債務整理をすると、銀行の口座が凍結されて、現金を引き落とせなくなる可能性があります。口座凍結のタイミングは、債務整理の手続き開始を知らせる文書「受任通知」を金融機関が受け取ったときです。

借入先の銀行口座を、公共料金や携帯電話料金などの引き落とし口座に設定している場合は、別の口座や支払い方法に変更しておくと安心です。

国が発行する官報に住所や氏名が掲載される

個人再生や自己破産をすると、事故情報に登録されるほか、国が発行する「官報」に住所や氏名が掲載されます。

官報は一般の人でも購読ができるため、読めば家族や知人に知られてしまいますが、官報を購読している人・企業は少ないので周囲に知られる可能性は低いでしょう

債務整理をすると、「戸籍に載る」「年金が受け取れなくなる」などと言われることがありますが、そのようなことはなく、官報にも本人以外の名前が掲載されることはありません。

車や家を処分しなければいけない場合がある

自己破産をすると、借金の返済が全額免除される代わりに、債務者が保有する住宅や車などの財産が没収されてしまう可能性があります。ただし、財産の所有者が債務者本人以外であれば、没収されることはありません。

個人再生においては、ローン返済中の車や財産とみなされるものは没収されてしまいますが、ローンを完済している車や、住宅ローン特則が適用された場合の住宅は手元に残せる可能性が高いです。

※住宅ローン特則の適用条件

・住宅ローンとしての借入れであること
・個人再生の申立人が所有している住宅であること
・再生債務者の居住用の建物であること
・住宅を他の借入れの担保にしていないこと
・滞納による代位弁済後、6ヶ月以内に再生手続開始の申立てをしていること

一定期間就けない職業がある

債務整理をすることで、就けなくなる職業はありません。ただし、自己破産をした場合、破産開始決定から免責決定を受けるまでの一定期間、「生命保険の外交員(生命保険募集人)」「警備員」「宅地建物取引主任者」などの職業については資格制限が課され仕事ができなくなってしまいます

もし制限される職業に就いている場合は、一定期間収入に影響が出てしまう点に注意が必要です。

連帯保証人がいる場合は保証人が借金を肩代わりする

連帯保証人のいる債務については、当人が債務整理すると保証人がすべての借金を返済しなければなりません。

基本的には保証人のいない債務、もしくは保証人の了承を得てから債務整理をするよう、専門家と相談しながら進めると良いでしょう。

債務整理の無料相談の基本的な流れ

債務整理の無料相談の基本的な流れを、5つのSTEPで解説します。

STEP
債務整理に対応できる法律事務所を探す

まずはインターネットで債務整理に精通している法律事務所を探しましょう。自宅から通える範囲の事務所、もしくはWeb相談や出張相談に対応している事務所のなかから、候補をいくつかピックアップしてください。

STEP
各事務所のホームページや口コミ評判をチェックする

気になる法律事務所が見つかったら、ホームページで報酬金額や営業時間、対応エリア、Web相談の有無といった基本情報をチェックしましょう。

さらに、口コミサイトやGoogleマップで口コミ評判を調べ、比較しながら無料相談をお願いする法律事務所を決めます。

STEP
電話や問い合わせフォーム、メールなどで問い合わせる

法律事務所のホームページには、無料相談用の電話番号や問い合わせフォーム、メールアドレスが記載されています。自分にとって都合の良い方法で、無料相談の問い合わせを行いましょう。

STEP
法律事務所からの返信を待つ

法律事務所から返信が来るのを待ちます。法律事務所によっては、返信の時点で解決方法の提案やトータルコストの提示をしてくれる場合もあるでしょう。無料相談に進む場合は、日時を打ち合わせます。

STEP
無料相談(正式依頼する場合は受任契約を締結)

無料相談当日は、解決方法やトータルコストの説明をしっかりと聞き、わからないことはきちんと質問しましょう。また、不安な点があるときも、隠さず伝えることが大切です。

受任契約後は着手金などのコストが発生するため、支払い方法についても事前に確認しておきましょう。無料相談後、正式依頼する場合は受任契約を締結し、債務整理が開始されます。

監修者

多くの弁護士事務所、司法書士事務所では、債務整理に関して無料相談を行っています。とはいえ、実績や金額、面談など融通がきくかどうかも検討材料にすべきです。
また、無料相談時のフィーリングも大切です。この人に任せたいと思えるかどうか? 最後は信頼関係ですから、任せたいと思える方をぜひ選んでください。

債務整理の相談に関するよくある質問

債務整理の相談に関するよくある質問に回答します。

債務整理を法律事務所に相談するメリットは?

債務整理を法律事務所に相談すると、専門家の視点から効果的な解決方法を提案してもらえるため、借金問題をいち早く解決できます。

また、受任後に介入通知を借入先に送ることにより、債務の取り立てを停止させることが可能です。そのため精神的負担が軽減され、落ち着いて生活立て直しに集中できるようになるでしょう。

債務整理をしたときのデメリットは?

債務整理のデメリットは、信用情報に事故情報が登録(ブラックリスト)され、さまざまな制限が発生することです。

例えば、一定期間はクレジットカードやローン、キャッシングを利用できなくなるため、生活するうえで不便に感じることもあるでしょう。

債務整理を行ってくれる法律事務所を選ぶポイントは?

法律事務所によって専門分野や対応できる分野が異なるため、債務整理が得意な法律事務所を選びましょう。法律事務所を選ぶ際は、以下6つのポイントに着目するのがおすすめです。

  • トータルコストが安いか
  • どのような支払い方法があるか
  • 通いやすい・web相談に対応しているか
  • 実績が豊富か
  • 口コミ評判は良いか
  • 時間に融通が利くか
相談するなら弁護士と司法書士どちらが良い?

1つの借入先に対する債務額が140万円を超えている場合、司法書士では対応できません。そのため、債務額140万円超の借入先がある方は、司法書士ではなく弁護士に相談しましょう。

ただし、司法書士のほうが弁護士に比べ債務整理コストが安く済む傾向にあります。債務額140万円超の借入先がない場合は、弁護士か司法書士かにこだわらず、トータルコストや実績、口コミ評判などを比較して法律事務所を選ぶのがおすすめです。

債務整理をしたときの、家族など周りの人への影響は?

任意整理、自己破産、個人再生、特定調停いずれの方法で債務整理をしたとしても、他の人へ影響を及ぼすことはありません。

自己破産や個人再生手続きを行った場合は、国が発行する官報に住所や氏名が掲載されますが、本人以外の名前は掲載されません。

債務整理をしたらデビットカードは使える?

債務整理をするとクレジットカードは発行・使用ができなくなりますが、決済と同時に指定した銀行口座から引き落とされる「デビットカード」の発行・使用は可能です。

債務整理は自分でもできるの?

弁護士や司法書士に依頼せず、ご自身で行うこともできます。

ただ、手続き内容によっては、裁判所や貸金業者と複数回にわたって複雑なやり取りが発生する場合があり、交渉に慣れている貸金業者も多いです。

複雑な法律問題が絡むケースや仕事等で十分な時間を確保できない場合は、弁護士や司法書士に依頼する方が良いでしょう。

住宅を手放さずに済む債務整理の方法は?

自己破産は生活必需品以外の住宅を含む資産が没収されてしまいますが、その他の任意再生、個人再生、特定調停については住宅を保有しながら、債務整理が可能です。

まとめ

借金問題の解決には、できるだけ早い段階で専門家に相談し、適切な対応を行うことが大切です。初回相談料無料の法律事務所もたくさんあるので、1人で抱え込まず、まずは相談してみましょう。

どこに相談すればいいかわからない方は、この記事で紹介した債務整理におすすめの法律事務所から選んでみてください。

スクロールできます
東京ロータス
法律事務所
アース
法律事務所
ひばり
法律事務所
サンク総合
法律事務所
はたの
法務事務所
ベリーベスト
法律事務所
アヴァンス
法務事務所
杉山事務所弁護士法人・響グリーン
司法書士法人
ML司法書士事務所ライズ綜合法律事務所
初回相談料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料
着手金
(任意整理)
22,000円/件22,000円/社22,000円/社55,000円~/件無料0円~11,000円~/社無料55,000円~無料要問合せ55,000円~/社
解決報酬金
(任意整理)
22,000円/件22,000円/社22,000円/社11,000円~/件22,000円~/社22,000円/社11,000円/社27,500円~/社11,000円~21,780円~/社22,000円~/社22,000円/社
減額報酬額減額の11%減額の11%減額の11%減額の11%減額の11%減額の11%減額の11%要問合せ減額の11%なし要問合せ減額の11%
過払い金請求
報酬金
回収額の22%(訴訟の場合27.5%)お問い合わせください(任意整理に付随する過払い金請求の報酬金は回収額の20%~)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%(10万円以下の場合14%)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%回収額の27.5%~回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%(訴訟の場合28%)要問合せ回収額の22%(訴訟の場合27.5%)
営業時間平日10:00~20:00
土日祝10:00~19:00
平日・土日祝日 10:00~19:00平日10:00~19:00平日9:30〜18:30平日8:30~21:30
土日祝8:30~21:00
24時間平日9:30~21:00
土日祝10:00~18:00
平日・土日9:00~19:0024時間平日9:00~20:00
土日祝10:00~17:00
お問い合わせください平日・土日祝日 9:00~21:00
URL公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
詳細詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ

※費用はすべて税込み価格です。その他の費用がかかる場合があります。詳細な費用が知りたい方は必ず事務所へお問い合わせください。

注記:当サイトを経由したお申し込みがあった場合、当社は提携する各企業から報酬の支払いを受けることがあります。提携や報酬の支払いの有無が、当サイト内での評価に影響を与えることのないようにしています。

スキラージャパン株式会社 伊藤亮太

伊藤 亮太

スキラージャパン株式会社ファイナンシャルプランナー
CFP(R)/ DCアドバイザー / 証券外務員一種

詳細プロフィール

1