令和6年能登半島地震による被害を受けられた皆様へ

お金のプロ4人に3人が推奨! 貸付投資プラットフォーム「Funds(ファンズ)」の意識調査

お金のプロ4人に3人が推奨! 貸付投資プラットフォーム「Funds(ファンズ)」の意識調査

お金の相談プラットフォーム「オカネコ」を運営する株式会社400F(フォーハンドレッド・エフ、本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村 仁、以下「400F」)は、オカネコユーザーの男女4,453名、オカネコBizを利用している保険募集人、IFA、FPなど金融の専門家311人を対象に「資産運用商品に関する意識調査」を実施しました。

昨今、金融市場の変化により相場は乱高下しています。その中でどういった投資先を選べばいいのか、どんな金融商品を選べばいいのか、課題感を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」を中心に、貸付投資の印象に関して、オカネコユーザーと金融の専門家それぞれの目線から回答いただきました。

Fundsのくわしい仕組みや始め方については、以下のコンテンツを合わせて確認してみてください。

オカネコマガジン×Fundsタイアップキャンペーン
  • 申込み時に紹介コード「okanekom202402」入力で、Amazonギフトカード1,000円分プレゼント!
目次

調査サマリー

  • オカネコを利用している一般ユーザー4,453人による回答
  • オカネコユーザー全体の約57%がFundsに興味が湧いたと回答
  • 円建て債券、外貨預金、不動産投資に興味があるユーザーの約75%以上、運用型保険に興味があるオカネコユーザーの約80%以上がFundsに興味が湧いたと回答
  • オカネコBizを利用している保険募集人、IFA、FPなど金融の専門家311人による回答
  • 金融の専門家の約74%がFundsを「好ましい・推奨できる」または「どちらかと言えば好ましい・推奨できる」と回答
  • 資産運用の相談を受けることが多いIFA・証券会社勤務(69名)の約70%が同様の回答。同回答者の2名に1名以上が、Fundsの「利回りの高さ」や「元本を毀損したことがないこと(※)」を評価

※ 2019年のサービス開始以来2023年10月23日現在までの実績であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

アンケート調査概要

Fundsに関する意識調査 調査概要
調査方法WEBアンケート
調査期間2023年10月26日(木)~2023年11月10日(金)
回答者お金の診断・相談サービス『オカネコ』登録ユーザー
・オカネコを利用している一般ユーザー
4,453人
・オカネコBizを利用している保険募集人、IFA、FPなど金融の専門家
311人
回答者の性別・オカネコを利用している一般ユーザー
男性 2,565人(57.60%)、女性 1,888人(42.40%)
・オカネコBizを利用している保険募集人、IFA、FPなど金融の専門家
男性 239人(76.85%)、女性 72人(23.15%)
回答者の年齢・オカネコを利用している一般ユーザー
 ・20歳未満 57人(1.28%)
 ・20~29歳 564人(12.67%)
 ・30〜39歳 1,278人(28.70%)
 ・40〜49歳 1,151人(25.85%)
 ・50〜59歳 942人(21.15%)
 ・60〜69歳 370人(8.31%)
 ・70歳以上 91人(2.04%)
・オカネコBizを利用している保険募集人、IFA、FPなど金融の専門家
 ・20歳未満 1人(0.32%)
 ・20~29歳 60人(19.29%)
 ・30〜39歳 112人(36.01%)
 ・40〜49歳 74人(23.79%)
 ・50〜59歳 51人(16.40%)
 ・60〜69歳 11人(3.54%)
 ・70歳以上 2人(0.64%)
調査元株式会社400F

Fundsの魅力はオカネコユーザー、金融の専門家ともに「ほったらかしで運用できる」がもっとも多く、次点で「固定利回りで、市場の影響を受けない」など「運用の楽さ」に注目が集まる

「Funds(ファンズ)の特徴は以下の通りです。次のうちあなたが魅力的だと感じる点を全て教えてください」という質問に対して「運用期間や利回り年率(運用益)が決まっているため、ほったらかしで運用できる」がオカネコユーザー2,519人(56.57%)が選択、金融の専門家183人(58.84%)が選択する結果となり、いずれも半数以上が魅力に感じている結果となりました。

また、次点で「固定利回り(※)で、市場の影響を受けないので、値動きなどにハラハラせずに運用できる」がオカネコユーザー1,570人(35.26%)に選択される結果となっています。

※ 固定利回りとは、ファンドの利回りが募集時に定められていることを意味しており、利回りを確約するものではありません。

このことから、Fundsの魅力として、市場などの外部要因に一喜一憂せず、楽に資産を運用できる点が評価されていることが分かります。

また、別軸の評価としては「マイナンバーカードがあれば面倒で複雑な郵送の書類手続きなどがなく、簡単に始められる」がオカネコユーザー893人(20.05%)に選択されており、始めるまでのハードルの低さも好評を得ているようです。

Fundsが安心・信頼できると感じる点「サービス開始以来、元本毀損したことがない」がもっとも多く、投資案件のラインナップと体制に信頼が集まる

「Fundsの特徴は以下の通りです。あなたが安心・信頼できると感じる点を全て教えてください」という質問に対して「サービス開始以来、元本毀損したことがない(正常償還率100%※1)」がもっとも多く、オカネコユーザー2,382人(53.49%)金融の専門家165人(53.05%)が選択する結果となりました。

また「貸付を募集している全ての企業が一定の審査をクリアして公開されている」をオカネコユーザー1,285人(28.86%)金融の専門家84人(27.01%)「公認会計士・弁護士など、金融の専門家が在籍し、法令遵守の運営を行っている」をオカネコユーザー1,168人(26.23%)金融の専門家77人(24.76%)がそれぞれ選択しています。

このことから、Fundsの投資案件のラインナップへの信頼性の高さと、案件の審査基準を含む体制面への信頼が高いことが分かります。

※1)2023年10月23日現在の情報です。将来の運用成果等を保証するものではありません。

Fundsでの投資先検討、三菱UFJ銀行・マネーフォワードなど金融系企業が人気の傾向、メルカリが追随

「Fundsで資産運用をすると考えた場合、運用先として選びたいと感じる企業を選択してください。(すべて円建てです)」という質問に対して、1,470人(53.42%)のオカネコユーザーが「株式会社三菱UFJ銀行」を選択しているのに対して、IFAやFPなどの金融の専門家127人(40.84%)は「株式会社マネーフォワード」を選択しています。

Fundsでは銀行や上場企業を始め、メルカリなど一般にも認知された企業が多数掲載されており、掲載案件の分野も多岐にわたることが分かります。

IFA・FPなど、iDeCo・NISAの次に始めるべき資産運用として個別株と同等にFundsを推薦、ポートフォリオへの追加も約7割が推奨の方向

「iDeCo・新NISAの次に始めるべきと思う資産運用方法を次のうちから選択してください」という質問に対して、IFAやFPなどの金融の専門家311人のうち150人(48.23%)がFundsでの資産運用を選択しており、151人(48.55%)が選択した個別株に次ぐ評価となっています。

他の選択肢と比較して少額投資で始めやすいFundsは参入へのハードルが低く、提案しやすいポイントのひとつになっているかもしれません。

また「Fundsを資産運用ポートフォリオの中にいれることには推奨できる、または好ましいと思いますか?」という質問に対しても、69人(22.19%)が「推奨できる・好ましい」161人(51.77%)が「どちらかといえば推奨できる・どちらかといえば好ましい」を選択しており、資産運用の選択肢のひとつとして、Fundsへの期待が垣間見える結果となりました。

Fundsでの利回りの使い道、運用金額別に理想が異なる。100万円を1年運用した場合の利回りで使いたいのは「外食費」や「ガソリン代」それ以上では「旅行代」や「生活費」など

Fundsでの利回りの使い道、運用金額別に理想が異なる。100万円を1年運用した場合の利回りで使いたいのは「外食費」や「ガソリン代」それ以上では「旅行代」や「生活費」など

「Fundsで100万円を運用すると考えた場合、約1年の運用期間で約2万円(税引前)の利回りが想定されます。使い道として、あなたが特に嬉しいと感じるものを教えてください」という質問に対して、オカネコユーザー2,039人(45.79%)が外食費約1ヶ月分、1,368人(30.72%)が車のガソリン代3ヶ月分を選択しており、生活のちょっとした補填を目的にできれば嬉しいことが分かります。

Fundsで500万円運用すると考えた場合

また、運用額を上げて500万円、2,000万円になると使い道も大きく変わってくることが分かりました。まず「Fundsで500万円を運用すると考えた場合」の質問では、オカネコユーザー2,262人(50.80%)と約半数の人が2人での国内旅行などの旅費·食費 1回分を選択しています。

Fundsで2,000万円運用すると考えた場合

運用額が2,000万円になると、オカネコユーザー1,872人(42,04%)が2人暮らしの平均的な生活費2ヶ月分を選択し、次に多い回答として、2人での海外など遠方への旅費・食費1回分を選択しています。

参入のハードルが低くかんたんに始められる上、Fundsの利回りのみで海外旅行に行けるのは魅力的と言えそうです。

まとめ : オカネコユーザー4,453人のうち、半数以上が「Fundsでの投資に興味が湧いた」と回答

今回の調査では、オカネコユーザー、IFA・FPなど金融の専門家を含め、多くの人にとってFundsが資産運用の有効な選択肢となりうることが分かりました。調査を通じて、オカネコユーザーの約57%(2517人)が、「Fundsに興味が湧いた」と回答しています。

Fundsには投資先も有名企業・上場企業を始め魅力的な案件が揃っており、サービス開始以来、元本毀損したことがない(正常償還率100%※1)という点も、他の類似サービスとの比較要素となるでしょう。

上記の観点に沿って、新たな資産運用の選択肢として、Fundsを検討してみるのも良さそうです。他の投資手法も含め、ご自身で決めきれない場合は、オカネコにて専門家への無料相談も活用していきましょう。

オカネコマガジン×Fundsタイアップキャンペーン
  • 申込み時に紹介コード「okanekom202402」入力で、Amazonギフトカード1,000円分プレゼント!

※1)2023年10月23日現在の情報です。将来の運用成果等を保証するものではありません。

アンケート結果の利用について

アンケート結果の転載・引用をされる場合は、必ず出典を明記の上、Web媒体の場合は当記事、もしくはオカネコマガジン、オカネコいずれかへのリンクをお願いいたします。

出典の記載例

  • 出典 : Fundsに関する意識調査 | オカネコマガジン
  • 出典 : 株式会社400F「オカネコ」調べ

調査結果は、そのままの形で正確に引用してください。結果の改変や歪曲はおやめください。

オカネコマガジン編集部

オカネコマガジンは、お金の悩みを抱えるユーザーとお金の悩みを解決する専門家をマッチングするサービス「オカネコ」を運営する株式会社400F(フォーハンドレッド・エフ、本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村 仁)が運営する、みんなのお金のことが分かるオウンドメディアです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次