【オカネコ iDeCoの利用意向調査】加入率は約2割。平均拠出額は約2万円/月。NISA併用率は9割近い結果に!

国内最大級の家計診断・相談サービス「オカネコ」を運営する株式会社400F(フォーハンドレッド・エフ、本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村 仁、以下「当社」)は、iDeCo(個人型確定拠出年金)に関して、利用率の実態や拠出額等を探るべく、全国の『オカネコ』ユーザーの男女1,104人を対象に「オカネコ iDeCoの利用意向調査」を実施しました。

アンケートの調査概要
調査名オカネコ iDeCoの利用意向調査
調査方法WEBアンケート
調査期間2024年6月16日(日)〜 2024年6月23日(日)
回答者全国の『オカネコ』ユーザー1,104人
回答者の年齢20代以下:5.4%
30~39歳:16.3%
40~49歳:26.1%
50~59歳:33.4%
60代以上:18.8%
回答者の年収400万円未満:26.9%
400万円以上600万円未満:19.0%
600万円以上800万円未満:16.3%
800万円以上1,000万円未満:12.3%
1,000万円以上1,200万円未満:6.0%
1,200万円以上:9.8%
わからない:9.7%
回答者の職業会社員:54.7%
公務員:4.4%
自営業/個人事業:7.2%
会社役員:1.8%
自由業:2.0%
専業主婦・主夫:5.2%
学生:0.7%
アルバイト/パート:11.5%
無職:10.6%
その他:1.9%
調査元株式会社400F
 ※調査結果データの引用、転載に際しては必ず『オカネコ iDeCoの利用意向調査』『家計診断・相談サービス「オカネコ」調べ』と記載してください。
目次

調査サマリー

「オカネコ iDeCoの利用意向調査」結果サマリー

  • 加入率:約2割。平均拠出額:約2万円/月。職業別では公務員の加入率が最も高く、拠出額は自営業が最も高い
  • NISA併用率は9割近い結果に!
  • 加入方法は、オンライン経由が86%!インターネットでの情報が後押し?
  • 運用商品は「投資信託」が9割近く。そのうち「海外株式」を7割が選択。
  • 加入検討段階では「対話によるサポート」を必要としている方が多い。未加入者は「制度についてよくわからない」方が多く、僅差で「その他の投資商品にお金をかけている」方も
  • 2024年12月の「iDeCo増額を知っている」方は27.0%。新制度対象者で「6,000円以上の増額を検討している」方は5割超え

「オカネコ iDeCoの利用意向調査」の結果

加入率:約2割。平均拠出額:約2万円/月。職業別では公務員の加入率が最も高く、拠出額は自営業が最も高い

調査対象者に「現在、iDeCo(個人型確定拠出年金)に加入していますか」と質問したところ、加入者23.3%、加入検討者10.4%となりました。また、職業別での加入率は、公務員46.9%、会社員/会社役員30.1%の順に高いことがわかりました。

アンケート結果:iDeCoの加入率
アンケート結果:職業別のiDeCo加入率

iDeCo加入者に「毎月の掛け金を教えてください」と質問したところ、1万円以上2万円未満40.5%、2万円以上3万円未満33.8%の順に多い結果となり、平均拠出額は約20,101円ということがわかりました。

また、加入者の職業別の掛け金の平均額は、自営業/個人事業/自由業約28,036円、専業主婦・主夫約28,571円の順に高い結果となりました。

自営業/個人事業/自由業は退職金制度がなく、年金についても通常は国民年金のみの受給になることや、iDeCoの拠出限度額が高いこともあり老後への備えにiDeCoを活用している様子が伺えます。

アンケート結果:iDeCoの掛け金額
アンケート結果:職業別毎月のiDeCoの平均掛け金額

NISA併用率は9割近い結果に!

加入者に「現在、NISAを利用していますか」と質問したところ、利用している方が86.6%となり、9割近くの方が併用し運用をしているという結果になりました。

併用していない方に理由を尋ねたところ、「運用資金に限りがあるから」「老後の資金を準備したいから」といった声が順にあがり、老後資金のためにNISAよりiDeCoの活用を優先している様子が伺えます。

調査結果:NISAの利用率

加入方法は、オンライン経由が86%!インターネットでの情報が後押し?

加入者・加入検討者に「加入・検討にあたって、情報はどこで収集しましたか」と質問したところ、インターネット(web記事・動画配信・SNS等)65.6%が最多となり、次いで金融機関20.2%となりました。

次いで、iDeCo加入者に「お申し込み方法を教えてください」と質問したところ、金融機関のオンラインサイト85.6%となり、インターネットで情報収集し、オンラインでiDeCoに加入している方が多いことがわかります。

 一方で、5人に1人は金融機関で情報収集をしており、「誰かに相談をしてから加入を決めたい」ニーズも一定数あることが伺えます。

アンケート結果:iDeCoに関する情報収集方法
アンケート結果:iDeCoの申し込み方法

運用商品は「投資信託」が9割近く。そのうち「海外株式」を7割が選択

加入者に「現在の運用商品を教えてください」と質問したところ、投資信託88.3%、定期預金・保険18.7%の順に多い結果となり、9割近くが投資信託を選択していることがわかりました。

投資信託選択者に「現在の選択ファンド分類を教えてください」と質問したところ、海外株式70.0%、国内株式32.2%、国内外株式23.8%となりました。

株式選択者を合算し全体の割合で見ると66.8%となりましたが、海外株式の比率が依然として大きく人気の高さが伺えます。

アンケート結果:iDeCoで運用している商品
アンケート結果:運用している投資信託の分類

加入検討段階では「対話によるサポート」を必要としている方が多い

加入検討者に「ご自身の状況として当てはまると感じるものをお選びください」と質問したところ、「気軽に相談できる相手やサポートしてくれる人がいない」43.5%何から始めればいいかわからない」43.5%が半数近くかつ同率で多い結果となりました。

一方で「スムーズに情報を収集し検討を進めている」方は17.4%に留まり、iDeCoを始めるにあたって、誰かに相談し、検討段階におけるサポートを必要としている方が多いことが伺えます。

アンケート結果:iDeCoを検討中の方の状況

未加入者は「制度についてよくわからないから」方が多く、僅差で「その他の投資商品にお金をかけている」方も

未加入者に「加入しない理由を教えてください」と質問したところ「制度についてよくわからないから」23.8%で最多となりました。

僅差で「NISA・投資信託等、その他の投資商品にお金をかけているから」23.4%となり、iDeCoならではの制度である「原則60歳まで引き出せないから」19.6%と上位にあがりました。

「iDeCoについてよくわからない」方と「投資は行っているが、iDeCoは行わない」方が特に大きな割合を占めていることがわかります。

アンケート結果:iDeCoに加入していない理由

2024年12月の「iDeCo増額を知っている」方は27.0%。新制度対象者で「6,000円以上の増額を検討している」方は5割超えも

調査対象者に「2024年12月から一部の方(公務員やDBなど他制度に加入している会社員の方)のiDeCoの掛金拠出限度額が20,000円に増額されること(以下、新制度)を知っていますか」と質問したところ、知っている27.0%となり、iDeCoに入っていない方も含め約4人に1人が動向を把握していることがわかりました。

また、iDeCo加入者かつ新制度対象者に「ご自身の検討状況に最も当てはまるものはどれですか」と質問したところ、増額を検討している方の合計は61.9%となり、なかでも6,000円以上の増額を検討している方53.0%となりました。iDeCoを最大限活用し、資産を運用しようとする姿勢が伺えます。

アンケート結果:iDeCoの拠出限度額増額の認知度
アンケート結果:iDeCoの増額を検討しているか

※オカネコでは、NISAの利用意向調査も定期的に行っています。2024年4月に実施した「オカネコ 新NISAの利用意向調査」の詳細は以下の記事をご確認ください。

アンケート結果の利用について

調査結果データの引用、転載に際しては必ず『オカネコ iDeCoの利用意向調査』『株式会社400F「オカネコ」調べ』と記載してください。

また、Web媒体の場合はプレスリリース、もしくはオカネコマガジンオカネコいずれかへのリンクをお願いいたします。

出典の記載例

  • 出典 : 「オカネコ iDeCoの利用意向調査」| 株式会社400F「オカネコ」調べ

調査結果は、そのままの形で正確に引用してください。結果の改変や歪曲はおやめください。

クチコミ満足度4.8
あなたのお金の悩みをプロが解決

家から気軽にお金のプロとオンライン相談

✓完全無料&全国対応のオンライン相談
FPにいつでも無料で相談し放題
気になる同世代の平均年収・貯蓄もわかる

\何をすべき?いくら貯めればいいの?/

※オカネコに寄せられたクチコミの平均点(集計期間:2019/11/09 ~ 2023/12/13)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次