貯金がない!ゼロから貯金を作るための具体的なステップとは?

ゼロから貯金を作るステップ

貯金がないと悩む方は少なくないと思いますが、実は少しの工夫で上手に貯金することができます。

この記事では、貯金がない方でも貯金を増やすことができる具体的なステップや行動について説明していきます。貯金を増やしたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

貯金がない人ってどのくらいいるの?貯金がない人の割合

金融広報中央委員会が毎年公表している「平成30年 家計の金融行動に関する世論調査」によると、2人以上世帯のうち金融資産がない(貯金をしていない)と回答した人の割合は約22.7%でした。およそ5世帯に1世帯が貯金をしていないということ。

単身世帯においては約38.6%の世帯、つまりおよそ3世帯に1世帯が金融資産を保有していないと回答しています。

年収300万円未満の世帯の半数以上が貯金をしていると回答しているものの、貯金がない方も少なくないということがわかります。

なぜ貯金が大切なの?

老後の生活

年齢が若いと身体が健康で、貯金がなくても困ることは少ないかもしれません。日々仕事や育児などに追われ、将来の老後のことまで考える余裕もないですよね。

しかし、貯金がないまま老後を迎えたり、病気やけがをしてしまったらどうなるのでしょうか。
先ほどの調査結果をもとに、金融資産を保有する目的として回答の多かった以下の3つをご紹介します。

  1. 老後の生活資金に必要
  2. 病気や災害への備えに必要
  3. 子どもの教育資金に必要

それぞれ詳しくご説明しますので、貯金の大切さについてぜひ考えてみてはいかがでしょうか。

1. 老後の生活資金の必要

老後の2,000万円問題が話題になったことがきっかけで、老後の生活資金に関心を持つ方は多いのではないでしょうか。
医療の発展にともない、日本人の寿命は今後も延びることが想定され、定年を迎えてから30年以上生きる方も少なくないはずです。

実際にどのくらい老後の生活にお金がかかるのか、総務省が発表している「家計調査年報(家計収支編)2021年」によると、65歳以上の夫婦2人世帯においては、税金等を除いた収入は205,911円でした。
それに対し、食費や住居費などの支出額は224,436円毎月およそ2万円の赤字となります。

同調査によると、医療費においては平均月約16,000円ですが、がんなどの三大疾病を患ったり介護が必要になった場合は、それ以上の費用が必要になります。

毎月足りない金額を5万円と仮定した場合、95歳までに生活費以外に必要なお金は以下の通りです。

75歳までに必要な金額:5万円×12か月×10年=600万円
85歳までに必要な金額:5万円×12か月×20年=1,200万円
95歳までに必要な金額:5万円×12か月×30年=1,800万円

老後の余裕ある暮らしのためには、年金以外にもお金を準備しておいた方が安心です。

2. 病気や災害への備えに必要

病気や災害など、不測の事態が起きたときはどうでしょうか。

日本は公的保障制度が充実しており、民間の保険に加入していれば保障を受けられますが、もしそれらの保障対象外のできごとが起き、貯金にも余裕がないと治療費などを捻出できないどころか、生活費の支払いも危うくなってしまう可能性があります。

十分な保障を持っていたとしても、病気等で働けなくなってしまった場合、保障が降りるまでのあいだの生活費はある程度備えておく必要があります。

3. 子どもの教育資金に必要

子どもの教育資金は、進学先が「公立」か「私立」かによっても大きく異なり、幼稚園から高校まで公立の学校に通わせると約540万円、すべて私立の場合は約1,830万円と言われています。(※)

大学に進学した場合も「国立」「公立」「私立」や希望する学部によっても必要な学費は大きく異なり、生活費の仕送りや留学費用が必要になればさらに負担が増えるでしょう。

本人がどのような教育を希望するかによって大きく金額が異なるため、早い時期から教育資金を準備しておくことが大切です。

(※)三井住友信託銀行 考えてみよう!これからのマネープラン

お金の健康診断では、お金のプロにライフプランニングの相談ができます。
以下のオレンジボタンをクリックし、右上の「無料診断を受ける」から家計診断をして、コメント欄に「ライフプランニングをしたい」と書いてみてください。数日以内にアドバイザーからコメントが届きますよ!

貯金ができない人の特徴とは?

貯金の大切さをお伝えしてきましたが、ではなぜ貯金ができないのでしょうか?
ここからは貯金ができない人に共通する3つの特徴を解説します。

  1. 先取り貯金をしていない
  2. 不要なものを購入してしまう
  3. ポイント還元やセールに反応する


どのくらい当てはまるか確認し、貯金ができる体質を目指しましょう。

1. 先取り貯金をしていない

先取り貯金とは、毎月の収入から一定額を先に貯金にまわし、残りのお金でやりくりすることを言います。「貯金にまわせるお金がない」ということもなく、確実にお金が貯められる方法です。

余った分を貯金にまわそうと考えていると、今月は余裕があると思い込んで不要なものを購入してしまうことはありませんか?しっかり生活費を管理していないと、この貯金の仕方は難しいでしょう。

給与が振り込まれたらすぐに別口座に移すなどして、残ったお金で生活をする方が管理もラクですし、確実に貯金ができます。

2. 不要なものを購入してしまう

お金を使うことはときにはストレスの発散になりますが、本当に必要のないものを毎月購入していては、なかなか貯金はできません。

購入する前に「本当に欲しいものか」「必要なものなのか」を一度考え、買うものが決まっていない状態でのショッピングは控えるようにしましょう。コンビニにも誘惑がたくさんありますが、1回の買い物が少額であっても月単位や年単位で計算すると、大きな金額になります。

家の中もモノであふれていませんか?日ごろから「何かを購入したらその分別の物を処分する」という癖を身につけると良いでしょう。部屋が片付くと持っている物が把握しやすくなり、本当に必要なものが見えてきます。

3. ポイント還元やセールに反応する

「ポイント還元」や「セール」という言葉に惑わされていませんか?

安く買えるうちに、日用品や食品をまとめ買いしてストックしておく方が確かにお得ではありますが、「まだあるから多めに使っても大丈夫」と余分に消費してしまい、結果的にコスパの悪い買い物になってしまっている可能性があります。

食品など期限があるものを多く買ってしまうと、消費しきれないケースも出てくるでしょう。

ポイント還元やセールと聞くと、どうしてもお財布のひもが緩みがちになりますが、本当に必要なものだけを安く購入することを心がけ、コスパの良い上手な買い物を目指したいですね。

自身の収入額から貯金額の目安を考えよう

貯金の大切さや貯金ができない人の特徴をご紹介しましたが、では実際にどのくらい貯金すれば良いのでしょうか?
貯金額の目安は、収入によって異なります。

一人暮らしの単身者の場合は手取り額の10%程度、実家暮らしで生活費があまりかからない場合は、手取り額の30~40%程度を貯金できると理想的と言えるでしょう。

自営業や派遣社員で働く方などは、ボーナスがなかったり急な失職に備えるためにも、手取り額の15~20%は貯金しておきたいところ。

子どもがいる世帯は教育費がかかることを考えると、夫婦共働きならば手取り額の10%を貯めておいたほうが安心です。夫婦のみ世帯ならば教育費がかからない分、老後の蓄えとして手取り額の20%は貯金したいですね。

収入に対する貯金額の目安

・一人暮らしの方:手取り額の10%程度
・実家暮らし(生活費があまりかからない)の方:手取り額の30~40%程度
・自営業や派遣社員で働く方:手取り額の15~20%程度
・子育て世帯:手取り額の10%程度
・夫婦のみの世帯:手取り額の20%程度

貯金を作る6つの方法!収入を上げて支出を抑えよう

収入を上げる

支出項目をしっかり見直して無駄を削減できれば、それだけでも貯金ができる可能性が高まりますが、さらに収入アップを目指すことでより効率の良い貯金ができるでしょう。

ここでは貯金がしやすい環境を整えるために、「収入を上げる方法」と「支出を抑える方法」についてそれぞれ詳しくご紹介していきます。

  1. 収入を上げる方法:不用品を販売する
  2. 収入を上げる方法:副業をする
  3. 支出を抑える方法:固定費を見直す
  4. 支出を抑える方法:食費を見直す
  5. 支出を抑える方法:嗜好品や娯楽への支出を抑える
  6. 支出を抑える方法:

1. 収入を上げる方法:不用品を販売する

「身の回りのものを整理して売る」ということも方法の一つです。一時的な収入にはなりますが、臨時の収入を得ることができます。不用品を売るなら買取業者に足を運ぶか、オークションやフリマサイトなどネットで売るのも良いでしょう。現状、生活費を支払うので精一杯で貯金がゼロという人は、不用品を売るメリットは大きいといえます。また、収入があるからと安心して次から次へと不要なものを購入していた人は、本当に必要かを考えて購入することが大切です。いくら節約して貯金しようとしても、不用品を買い続けていると当然貯金はできません。

基本的に、使っていくうちに不要だと判断したものは捨てずに、売れるものは売って少しでもお金に換えるという感覚を身につけておきましょう。

5-1-2. 副業を行う

副業可の職場なら、休日や空いている時間を利用して収入を増やすことも期待できます。しかし、副業を行うときはバランスを考えて仕事をすることが大切です。根詰めて副業を行うとプライベートな時間を確保できなくなったり、体調を壊したりするなど身体だけでなく精神的にも余裕がない生活になりかねません。また、副業に力を入れるあまり、本職に支障をきたしてしまうようでは本末転倒です。手軽に副業をはじめるなら、クラウドソーシングを利用した在宅ワークやブログで広告掲載料、アフィリエイト収益、ポイントサイトを活用して収入を得るなどさまざまな方法があります。

自宅にいながらできる仕事は意外と多いので、少しでも貯蓄を増やしたいという人は活用してみるとよいでしょう。

5-2. 支出をカットする方法

収入だけを増やしても、支出をカットできなければ貯金をするのは難しいです。特に、貯金に回すお金がない人は、支出の見直しを率先して行いましょう。ここでは、実生活で支出をカットする方法を説明していきます。

5-2-1. 固定費を見直す

毎月の固定費がいくらかかっているのかについてしっかりと把握をしているでしょうか。固定費とは、毎月一定額かかるものであり、住居費や保険、光熱費、通信費などを指しています。なかでも、住居費は支出の中でも割合が大きいため、見直しがしやすいポイントです。例えば、現在の家賃より2万円安いところへ引っ越せば、年間で約24万円を貯金に回すことが期待できるでしょう。もし大きめの部屋を借りている場合は、ワンサイズ小さい部屋に引っ越すことを検討してもよいかもしれません。戸建てや分譲マンションをローンで買った人は、住居費を簡単に削ることができないため、ある程度まとまった金額を計画的に繰り上げ返済して、少しでも総返済額が軽減できるようにしましょう。

通信費は、光コラボ回線や格安SIMなど企業が自由に参入できるようになったので、総体的にみて価格が安い企業が多い傾向です。そのため、安いものに切り替えれば数千円から数万円程度は通信費を抑えられる可能性があります。通信回線と同様に電気も自由化で多くの企業が参入してきているので、安い契約へと切り替えることも検討できるでしょう。電気やガスは、セット売りしているところもあるため、各社を比較して費用を抑えられるところにすると固定費の見直しができます。

5-2-2. 食費を見直す

食費は、固定費のなかでも特に見直しやすい支出の一つです。仕事をしている人は、ついコンビニやスーパーで惣菜を買ったり、外食をしたりする機会も多いかもしれません。しかし、外食やできあいのものは支出が大きくなるので注意が必要です。例えば、1日の食事に2000円程度かけていると、20日で4万円の支出になります。これは仕事の日だけの食費なので、休日の食費も合わせると確実に5万円以上はかかってしまうでしょう。家族が増えれば、その分食費の負担も大きくなるため、できるかぎり自炊に切り替えることをおすすめします。

仕事が終わるのが遅くて自炊できない人は、休日におかずを作り置きしておくのがおすすめです。カット野菜や加工食材を積極的に利用すれば、作り置きのおかずは簡単に作ることができます。お酒にかかる費用も第3のビールを取り入れて安く抑えるなど、工夫次第で削減が可能です。単身世帯なら自炊に切り替えると、2万円以内に抑えることも夢ではありません。食費を管理するときは、外食費を別に計上しておくと浪費の原因が外食なのかが判断しやすいのでおすすめです。

5-2-3. 嗜好品や娯楽への支出を抑える

嗜好品や娯楽は、がんばった自分へのご褒美として時には必要です。しかし、習慣化しすぎてしまうと固定費のように毎月一定額の支出となってしまいかねません。また、生活水準を一度上げてしまうと元に戻すのは非常に大変です。手取り額を考えたときに、嗜好品や娯楽を控えるべき状態なら、月にいくらまで使うかの上限は必ず決めておくとよいでしょう。特に、お酒やたばこ、菓子類などはお金がかかるだけでなく、取り過ぎると健康を害する可能性も否めません。

そのため、貯金をはじめると同時に嗜好品との向き合い方も見直すことが大切です。娯楽費として英会話教室など仕事や今後のための自己投資に多くのお金を使っているなら、通う頻度を調整し支出を抑えることを検討してみるのが良いでしょう。貯金したいからと、あまりにも趣味などの娯楽費を削減しすぎてしまうと、生活に楽しみがなくなりかねないため、バランスを考えることが重要です。

5-2-4. 浪費する癖をなおす

先取り貯金をして、残ったお金で生活することを習慣化しないと、浪費する癖は簡単には直りません。自分でお金を管理できる人ならば、とっくに貯金はできているはずなのです。お金をあるだけ使ってしまう人は、貯金に手をつけられないような環境を構築するところからはじめてみましょう。貯蓄ができる保険など、簡単に貯金を引き出せないようにする方法はたくさんあります。先取り貯金が習慣化してきて、貯金分を抜いた状態で生活できるようになったら、次は生活費を少しでも抑えられるように変えていきましょう。

もし生活費が余るようになったら余った分は貯金に回すことで、より一層貯金するペースが高まります。余ったからといって翌月の予算に繰り越すと気持ちに余裕が出て浪費してしまう可能性が高まるため注意が必要です。

6. ゼロから貯金を作るための具体的なステップ

まったく貯金がない人のために、ここからはゼロから貯金をするための具体的なステップを紹介していきます。

6-1.1:家計簿をつけて支出状況を把握する

お金の管理をするうえで、家計簿をつけるのは非常に大事なことです。何にいくら支出しているかが分かれば、無駄な出費を抑えることができます。家計簿を記入するのが面倒な人は、スマホの家計簿アプリを使うと簡単に記録をつけることが可能です。支払いをクレジットカードや電子マネーでしている人は、支払い方法を一本化することで明細書やWebで請求額を確認できるため支出が分かりやすくなります。家計簿アプリの中には、支出をグラフ化できるなど視覚的に把握しやすいアプリもあるので、それらを有効活用するのもおすすめです。

6-2.2:理想的な支出割合と比較して削減部分を探す

収支が確認できたら、理想的な家計支出の割合と比較してみましょう。そうすることで、何の支出が多いのかが明確になり費用を削減するときの参考になります。世帯人数や子どもの年齢によっても理想的な家計支出の割合は変動するため、自分の世帯の理想的な割合と比較してみるのがおすすめです。あくまでも一例ですが、食費15%で住宅費25%、水道光熱費および通信費5%程度が理想的な家計支出の割合といわれています。小学生の子どもを持つ世帯の場合は、教育費として支出するは10%程度が望ましいでしょう。

ただし、子どもが成長するにつれて教育費は膨らむ可能性が高いことは覚悟しておきたいところです。上記の理想的な家計支出と比べて極端に支出が多い場合は、削減できるものがないかについて見直してみましょう。

6-3.3:貯金額を先に取り置く

貯金を確実に作りたいなら、先取り貯金は重要です。特に、貯金がない人は収入が入ったらすぐに使ってしまう人も多いため先に取り置くことをおすすめします。毎月の支出で削減できるところがないか見直して、生活に支障をきたさない範囲で毎月いくら貯金するかを決めましょう。給与が入り次第、貯金額を別口座へ振り込んだり自動的に給与から天引きされるようにしたりしておくと確実に貯金できるようになります。財形貯蓄や金融機関の引き落とし機能を使うと、別口座に振り込む手間を省けるでしょう。

7. 貯金を殖やすために実践したい行動

バーコード決済

ここまで説明した貯金の心得を守って実行していけば、確実にお金を貯めることができます。無理は禁物ですが、貯められるなら貯金額が多いことに越したことはありません。そこで、ここでは貯金額を少しでも増やしたい人が実践したい行動を5つ紹介していきます。

7-1. クレジットカードや電子マネーを利用する

キャッシュレス決済を使う人は、年々増加傾向です。背景としては、支払い額に応じてポイントが付与されることが理由として挙げられます。貯めたポイントは、現金と同じように利用できたり商品と交換できたりすることは大きなメリットです。現金払いにはない特典になるため、支払いをクレジットカードや電子マネーに変えるだけで生活の足しにできるでしょう。クレジットカードや電子マネーの支払いに切り替えられるものとしては、食品や日用品などの支払い、水道光熱費、家賃、保険、携帯電話料金などがあります。特に、クレジットカードは会社によって長期利用で優遇されるものもあるため、どの会社のものを利用すればよりお得になるかを見極めたいところです。

7-2. 複数の口座を開設する

貯金をうっかり使ってしまわないにようにするためにも、貯蓄専用の口座を用意しておきましょう。できれば2つ以上口座を開設しておくことで、支出用と貯金用で管理しやすくなります。支出用の口座を作ることで残高が明確になり、支出を抑えようという意識を身につけることが期待できるでしょう。

7-3. ゲーム感覚で貯金をする

無理なく貯金をしたい人は、ゲーム感覚で貯金をするのもおすすめです。ここでは、2つの貯金方法について見ていきましょう。

#365日貯金
365日貯金は、1~365まで数字を書いたシートを用意してランダムに数字を選び、その数字通りの金額を貯金するという方法です。1年続けると仮定して365の数字を記載すれば、1日あたりの貯金平均額が183円になるため、手軽にはじめやすいでしょう。

#500円玉貯金
お金を崩したときに出た500円玉を貯金箱に貯金するという方法も、簡単なので挑戦してみてください。500円玉専用の貯金箱は、最後まで貯めると10万円や50万円になるものも多いので意外と多く貯金できるのが魅力です。

#新札貯金
500円玉貯金が面倒だという人は、新札が手に入るたびに貯金する新札貯金をするという手もあります。ATMで引き下ろしたり、買い物でおつりをもらったりするときしか貯金しないので、回数が少ないのが魅力的です。

ひとくちに貯金をするといっても、さまざまな方法があります。自分が楽しんで貯金ができるような方法を選択することで貯金のモチベーションを下げずに続けることができるでしょう。

7-4. ふるさと納税を活用する

ふるさと納税は、自治体に寄付する金額により税金の控除を受けられて、同時に地元の特産品など返礼品と受け取れるという制度です。世帯数や収入によって上限額は異なりますが、寄付金額から2000円引いた金額が税金から引かれるため、うまくいけば実質2000円程度で豪華な返礼品が受け取れます。返礼品には、食材や日用品なども多いため、有効活用すれば食費や日用品を浮かせることも可能です。節税以外にもメリットが大きい制度だといえます。

7-5. 貯まったお金を資産運用に回す

貯金だけでは金融資産をそこまで増やすことはできないので、貯蓄を資産運用に回して増やすという方法もあります。金利の高い金融機関に貯金するという方法もありますが、低金利の時代ではなかなか預金で資産を増やすことは困難です。そのため、投資信託や株式投資を検討するのも良いでしょう。毎月一定額を投資信託へ投資するだけでも、資産運用をすることはできます。NISAなどの非課税制度もあるため、うまく活用しながら長期間運用するほど複利効果により資産を増やすことが期待できるでしょう。ただし、投資は預金とは異なり元本が保証されている商品ではありません。

必ずしも資産運用がうまくいくとはかぎらないので、貯金の全額を投資するなどは厳禁です。例えば、毎月の投資の目安を収入の20~30%に抑えたり、貯金額の30%を上限としたりするなどルールをあらかじめ決めておきましょう。投資を行う際は、なんとなくおすすめされた商品を購入するのではなく、自己責任でしっかりと知識とつけてから行うことが大切です。


 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次